はじめまして♪妊活や妊娠中、子育て中のお母さんへ♪ブログを書き始めようと思ったきっかけ。

 


スポンサードリンク


 

はじめまして!

ブログを読んでいただき

ありがとうございます。

 

このブログを書いている

MYと申します。

ブログを書き始めるにあたって

自己紹介していきます。
私→間もなく24歳、専業主婦。

よくキティちゃんに似てるって言われます(笑)

 

旦那→45歳。

そう!まさかの歳の差結婚です!

 

息子→生後6ヶ月。

最近人見知り真っ最中の甘えんボーイ♥

 

平々凡々と仲良く平和に

暮らしている3人家族です。

 

ですが、

息子が産まれるまでには

悲しいこともありました。

 

最初から暗い内容かよ!と思わずに

ちょっと読んでみてくださいね。

 

入籍してすぐに妊娠が発覚♪ だけど・・・

2年前、

入籍後2ヶ月で妊娠が発覚!

しかし、

妊娠8週目で流産してしまいました。

 

心拍が確認されたあとの流産だったので、

数少ない確率に見事に当たってしまった

自分をすごく責めました。

・・自転車に乗ったからかな。

・・薄着したからかな。

・・妊娠がわかってからも

パートで立ち仕事してたからかな。

とか。

 

流産したことがある人ならきっと

誰でもこうやって原因を探して

自分を責めてしまうと思うんです。

 

だって、

自分さえ気をつけていれば

お腹の子の命は助かったかもしれない…

って思うから。

 

ある一冊の本との出会い

そんな私でしたが、

1冊の本に出会い励まされました。

 

その一冊の本とは、

「子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた」

という池川明先生の著書です。

池川先生は産科医で、

胎内記憶についての

研究もされている方です。

 

「胎内記憶」とは、

そのままお腹の中にいたときの記憶のことです。

この胎内記憶については、

後日また詳しく書きたいなぁーと思ってます。

 

赤ちゃんについての本をたくさん書かれているので、

妊活中や妊娠中、子育て中のママさんなら

本屋さんで1度は目にしたことのある

お名前じゃないでしょうか?

 

流産はお母さんのせいじゃない

「子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた」

この本によると、

 

赤ちゃんは、

「自ら空に帰っていくことを決めて」

お母さんのお腹に宿るそうで、

「流産や死産はお母さんのせいではない!」

とのことでした。

 

産まれずに帰っていく理由は様々で、

「お母さんに命の大切さを伝えるため」とか

「本当にこの両親でいいのか確かめるために下見にきた」

などなど

赤ちゃんによってそれぞれ個性的です(^ω^)

 

赤ちゃんは、

お母さんを悲しませることは絶対にしないそうです!

流産、死産を選んだ赤ちゃんが望むのは、

自分のメッセージをお母さんに受け取ってもらって、

その後の人生を前向きに過ごしてもらうことだそうです。

 

赤ちゃんからのメッセージに気づく

本を読んで

「ごめんね、ごめんね」

と謝ってばかりで、

赤ちゃんを

「かわいそうな子」と

見ていた自分に気づきました。

そして、

なんで私の所にきてくれたのか考えてみると…

当時の私は若さもあって

「1人でなんでもできる」

と思っていました。

 

自分の意見に従って

「1人で生きて行く方がかっこいい」

と思っていたんですね(^-^;

 

実際子供を産んで感じたことですが、

子育ては1人でできるものではありません。

旦那、お互いの両親、時には友達。

様々な人の協力と助けがあって

初めて何とかなるくらいなんですよね(>_<)

流産の悲しみを乗り越えることを

きっかけに両親や旦那に頼り、

周りの人の大切さに気づけたので、

空に帰ったあの子のメッセージを

私なりに受け止められたんじゃないかなぁ

と思いました。

 

赤ちゃん♪おかえり♪

「赤ちゃんまたすぐ来るよ!

そのときに笑ってるママの方がいいと思うな(^^)」

という旦那からの言葉にも励まされました。

 

そして、なんと!

手術から5ヶ月後に

息子がひょっこりやってきてくれました!

 

流産したことで

心を病んでしまった人の話を

聞いたことがあります。

 

どうか自分を責めず、

赤ちゃんからのメッセージに

耳を澄ませて欲しいです。

 

心も体も元気でいることが、

赤ちゃんにとっても

自分にとっても幸せなことですよね!

 

初回からちょっと真面目すぎたかな(笑)

これから、

流産のこと、妊娠中のこと、出産や育児のことなど

私が感じたことを書いていけたらなぁーと思っています。

どうぞどうぞごゆっくり楽しんでください♪

それでは~♪

 

今回はここまでです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ブログランキング参加中です♪

もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク


コメントを残す

このページの先頭へ