陣痛を体験してみて感じたこと~陣痛の正体、痛み、そして陣痛の意味について考えたこと~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク




こんにちは♪

最近はTwitterやFacebookなどのSNSで、

出産報告を見かけたことがあると思います。

あなたもお友だちや知り合いが出産したときに、

いいね♪やメッセージを送ったり、

はたまた出産報告をして、

多くの方からお祝いのメッセージをもらったことがあるのではないでしょうか?

 

私も2015年4月20日に出産を迎えました♪

そのときにみんなに同じことを聞かれました。

何だと思いますか?

 

女性だとすぐに思い付くかもしれません。

 

もしかしたら、男性もピンも来るかもしれませんね。

 

それは・・・、

「出産ってやっぱり痛いの?」という質問です!

 

ええ!もちろん!!すんごーく痛いです(ノ_・。)

っていうか痛くないって答える人いないと思う!!!!

 

私は15時間の陣痛との格闘の末、緊急帝王切開になったパターンです。

最後の最後に来る本気の痛みは経験できませんでしたが、色んな意味で痛かったです(笑)

 

今日はその一部始終を書いていきます!

妊婦検診で何の問題がなくても、出産は最後まで何があるかわかりませんよ~!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!

 

なーんて不安がらせてしまってごめんなさい。

妊娠中の方は、特に不安に思ってしまったかもしれません。

何にでも当てはまりますが、

不安に思う原因は、分からないという状態から来ることがほとんどです。

知ることで不安は軽くなりますよ♪(^^)b

陣痛のメカニズムや対処法方について見ていきましょう♪

 

陣痛の招待ってなに?

赤ちゃんはお母さんの子宮で成長しますよね?

子宮の入り口、赤ちゃん側からすると出口を子宮口って言います。

子宮口は妊娠中にはきつく閉じられています。

そうしなきゃ赤ちゃんが落ちちゃいますよね((( ;゚Д゚)))

つまり、出産するには子宮口が開かなきゃならない訳です。

その閉じられた子宮口が開いていく痛みと、子宮が赤ちゃんを押し出そうとして収縮する痛み、

この2つが陣痛の正体です。

 

まさに、『鼻からスイカ』

ここで問題なのが子宮口って10㎝開かないんです。

その10㎝しか開いていないところから、赤ちゃんの頭がでてくるんですよ!!

そりゃあ、痛いに決まってますよね(>_<)

「鼻からスイカ」の例えは、あながち間違っていませんよね(笑)

 

陣痛を体験してみて

さて、ここからが私の体験談です。

出産当日の夜中、お腹の痛みで目が覚めました。

といってもまだ全然我慢できる傷みです。

それでも一応隣でぐーぐー寝ている旦那を起こし、病院に電話。

細かい質問に答えると「それじゃあこれから来てください!」ってことで、

入院セットを持っていざ出陣!!

 

陣痛は、普通我慢できる程度の傷みから時間をかけて

段々と我慢できない強い痛みになっていきます。

ところが私の陣痛ある程度のところまで強くなったけど、

それ以降はなかなか強くならない…(^_^;)

「それどころかなんだか痛みが遠退いていくような…。」

「いや、でも痛い痛い痛い(;´д`)」

これを繰り返している感じでした。

 

このある程度の痛み、最初の頃に比べたらとてつもなく痛いんですよ?

人生の中でも最高潮のなかなかの痛みなんですよ?

なのに助産師さんったら「このくらいの痛みじゃまだまだですねー!もっと痛くなりますよー!」って。

 

( ̄▽ ̄;)

 

私もうすでに限界なのに、これでまだまだって…。

死んじゃうんじゃないかって本気で思いましたよ…。

その後、しばらく痛みと戦いましたが、それ以上は強くならないし、

赤ちゃんは全然下りてくる気配がないし、なぜか私は突如38度の発熱をし、先生も助産師も大慌て。

 

最終的に・・・

●微弱陣痛(陣痛が不規則でとても不安定)

●陣痛停止

●母体発熱(赤ちゃんの心拍が早くなって苦しそう)

で、緊急帝王切開となりました。

 

体験して感じた陣痛の痛みの意味

正直、戸惑いました。

自分は自然分娩で産めるって妙な自信があって、絶対安産だろうって思っていました。

悔しい気持ちもショックもありました。

でも、手術室で息子の産声と元気に泣いてる姿を見たら、

一瞬でそんなの吹っ飛んじゃいました!!

部分麻酔だったのでぜーんぶ覚えてます♪

あのときの達成感と安心感と感動は宝物です☆

痛かった分余計に我が子は愛しいし可愛いです。

生半可な気持ちで育てる訳にはいかないって思います!

もしかしたら出産は、

そういうふうに思わせるために、痛みが伴うようにできているのかもしれませんね。

しかも、陣痛の痛みって自然と忘れてしまうものです♪

まだ半年しかたっていないけどまた産みたいなーなんて思ってます(笑)

次回は手術について書きたいと思います!

それでは、また次回もよろしくお願いします。(*^^*)

最後までお読みいただきありがとうございます。
 
 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

オススメのブログ♪

こちらをクリック
↓ ↓ ↓

子育ての合間にお金を稼ぐヒントが見つかりますよ♪

このページの先頭へ