生まれたばかりの赤ちゃんのお仕事ってなんだろう~新米ママがとっても苦戦する赤ちゃんのお仕事その①~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク



こんにちは♪

 

子育て真っ最中のママさん、出産間もない新米ママさん。

我が子との生活はいかがですか?

 

成長を真っ先に感じられる喜びもあれば、

慣れないことばかりで大変なこともたくさんありますよね。

 

子育ては親と子がお互いに成長していくことですね。

私は、親は子供の成長の過程で沢山の気づきをもらって

一人の親として成長していく過程だと思います。

一緒に成長しているんだと思うと少しは気が楽に思いますよ~♪

 

突然ですが、あなたに質問します。

あなたは、産まれたばかりの赤ちゃんの仕事といえば何が思い付きますか?

 

いかがですか?

 

泣くことや寝ること、そして母乳を飲むことなどが思い浮かぶかもしれません。

新生児はこの3つが主な仕事ですよね(^^)

 

赤ちゃんって最初は寝てばかりか、泣いてばかりか、授乳してばかりなんですよね。

新生児と初めて触れあった私にとってはかなり衝撃的でした!

もっと初めから笑ったり体を動かすのかと思っていたので・・・

想像以上の小ささと儚さにびっくりしたのを今でも覚えています(>_<)

 

ちょっと話がそれましたね。

 

その3つの仕事の中でママにとっても大仕事なのが・・・

 

授乳です!

 

母乳育児とミルク育児の方で別れると思いますが、

私の場合は、病院が母乳育児を推していたことと、

私自身が母乳で育ったことから母乳育児を選びました!

 

初めての授乳は驚きの連続

赤ちゃんって産まれてすぐから上手におっぱいを飲めると思いますよね。

そして、ママは赤ちゃんを産んだら勝手に母乳が出てくるって思いませんか。

 

これもまた衝撃的だったのですが…

 

どちらも違っていました!

 

新生児はまだ顎の力が弱くて上手に飲めないし・・・

私はなかなか母乳が出ずとても苦労しました・・・

吸う方も吸われる方も素人なので、とにかくお互いが慣れるまでは一苦労です。

 

授乳ってこんなに大変なのね・・・

私が授乳を経験してみて大変だったのが、

乳首が切れてしまったり皮が向けたりと生傷が耐えなかったことです。

そんなこんなで、息子も満足いくまでおっぱいを吸えないしお乳が飲めないので、

すぐに「もっとくれーーー!」と言わんばかりに泣いていました。

私も息子もちょっとしたストレスを感じてしまいました。

 

授乳をうまくするコツって何だろう

もし、あなたがこれから母乳育児がんばるぞ!と思っていたら、

えっ!そんなに大変なの?

と思ってしまいましたか?

こんな私でも今ではすっかり母乳育児を楽しんでいますし、

ある日突然いきなり軌道にのり始めます!

上手くいくコツを一つ挙げるとすれば、

続けることです!

不思議なことにママの母乳は赤ちゃんに吸われることで、

必ず必要な分出るようになっているのだそうです!

ある日突然上手く行くときが来ますので、

軌道に乗るある日が必ず来ると信じてトライしてみてくださいね!

 

授乳ライフに役立つグッズってあるの?

なにかと最初は色々と苦戦する母乳の授乳ですが、

母乳の授乳ライフを楽にするグッズもあります♪

 

私が実際に授乳グッズを使ってみて、

その中で私が役にたったと思う授乳グッズを紹介しようと思います。

 

★授乳クッション

出産するまでは必要ないと思っていましたが、赤ちゃんが小さいうちは本当に便利ですよ!

授乳が頻繁な頃は腕が疲れてしまうので、その対策や高さを合わせるためなどに使います。

帝王切開の場合は、お腹の傷に赤ちゃんの体重が乗るととてもつらいので、

授乳クッションを使うと、お腹の傷に体重が乗ることを防ぎながら授乳できるので、

入院中から使うのがお勧めです!

人気の授乳クッションが色々ありますよ♪

ただ、首が座って体も大きくなれば必要なくなるので、

選ぶポイントとしては、

・妊娠中から抱き枕として使えるもの

・赤ちゃんのお座り練習として使える2way.3wayなもの

このポイントを考えて選ぶと良いですよ♪

こちらからあなたのお気に入りの授乳クッションがきっと見つかりますよ♪

★授乳用下着

こちらは使ってみて、100%必要といっても過言ではないと思いました。

妊娠前のものでは、伸縮性がなく授乳が非常にやりにくいです。

妊娠中にサイズも変わるのでその際に買い換えるのがおすすめですよ。

授乳スタイルに合わせて色々なものがあります。

こちらからあなたのお気に入りの授乳用下着がきっと見つかりますよ♪

★授乳口のあるパジャマ

マタニティパジャマには必ず授乳口がついてます。

胸の部分が大きく開くので、

授乳の度にパジャマを脱いでということをしないで、

すぐに授乳が出来るので、面倒くさくなくて助かりますよ。

夜の授乳で添い乳しながら寝てしまっても

お腹は出ないので冷えや風邪を引いたりする

心配がありませんのでとても重宝します。

こちらからあなたのお気に入りの授乳用パジャマがきっと見つかりますよ♪

★授乳服

授乳クッション同様に最初は必要ないかなと思っていましたが、

外出するようになるともの凄くありがたみがわかりました。

普通の服ではいかにも授乳してますというのがわかってしまうので、

恥ずかしく感じる場面が多いです。

さらに、胸も出しやすくて赤ちゃんが泣いたら、

さっと授乳出来るところもかなり便利です!

こちらから授乳服を確認してみると参考になりますよ♪

★哺乳瓶

今では完全母乳の私ですが、

それは息子が哺乳瓶を拒否するようになったのもきっかけの一つです。

それまでは、どうしても泣き止まないときや

お風呂上がりと夜寝る前にはミルクを足していました(^^)

母乳に強くこだわる理由がなければ、ミルクに頼るのも有りですよ☆

困ったときにはミルクがある!と思えば気持ちも楽になります。

色々な哺乳瓶がありますので、あなたのお気に入りの一つを探してみてください♪

★馬油

乳首に傷が出来たときに馬油を塗ってラップでパックすると、

保湿されていくらか痛みが和らぎますよ!

特に授乳に慣れずに生傷が絶えない最初の頃はとても重宝します。

赤ちゃんが口にしても大丈夫なものがあるので、それを使うことをお薦めします!

息子は馬油の味を嫌がって授乳のたびに拭いていたので、

効果があるか心配でしたがそれでもちゃんと傷がよくなりました!

このようなベビー馬油に人気がありますよ♪
以上のものが実際に授乳をしてみて必要だと感じたものです。

 

人それぞれに好みやライフスタイルが違うので、必要なものも変わると思いますが、

迷っている方は参考にしてもらえれば嬉しいです(*^^*)

 

今後も実際に使ってみてこれ便利だなと思ったものがありましたら、紹介しようと思います。

 

それでは今日はここまでにします。

最後までお読みいただきありがとうございます。
 
 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ