私が経験して感じた本当に必要な赤ちゃんのための準備用品その②~出産までに用意するものシリーズその⑤~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク



こんにちは♪

前回から出産までに用意するものシリーズは、

赤ちゃん編がスタートしましたが、確認してみましたか?
 
こちらです。
 

前回は、赤ちゃんの準備するものをざっと並べてみました。

これだけ見ると圧倒されますよねww

私もいざ準備しよう!と思って書きだした時に、

これだけ準備するの~と思いましたww

 

もし、まだ確認していないよーということであれば、

目を通してみてくださいね♪

全体像を把握できるので頭の整理にもなりますよ♪

 

赤ちゃんが本当に必要な着るものって何だろう?

今回から、前回ざっと説明した内容を

一つ一つ詳しく見ていきたいと思います。

私の体験も踏まえて、

必要かそれともあまり使わないのか、

そもそもどんなものなのかを交えて説明していきますね!

 

赤ちゃんには個性があります。

あくまでも私の意見ですので

赤ちゃんの様子を見ながら

必要なら買い足してあげたりしてください♪

それでは、早速始めていきたいと思います!

今回は着るものについて説明していきます。

 

●短肌着…必要度★★★★★

枚数→5~6枚あるといいです♪

肌着とは大人でいう下着のことです。

基本的には洋服の下に肌着を着せてあげましょう。

その中でも短肌着は、肌着の中でもいちばん短く

上半身のみの肌着です。

抱っこするときにめくれあがってしまうという難点がありますが、

おむつを替えやすかったので

私はよく着せていました(^ω^)

ただ、注意点もあります。

赤ちゃんは、大人が思う以上に暑がりなので、

生後すぐ以外に夏を迎える場合は、

肌着を着せずにそのまま洋服を着せても大丈夫ですよ!

 

私の息子は4月生まれなので、

夏には生後3ヶ月ぐらいになっていましたが、

肌着を着せていたら、

助産院で「着せすぎよー」と言われた経験があります(>_<)

着せ過ぎにならないように注意が必要です。

 

●長肌着…必要度★★

枚数→0~2枚あるといいです♪

長肌着は、短肌着よりも長くて

足まですっぽり覆われる肌着です。

赤ちゃんは、生後1、2ヶ月までは

ほとんど寝て過ごしているので、

このような形になっています。

ボタンがついていないので、

短肌着と同様におむつ替えしやすいですが、

足をバタバタさせるようになるとはだけてしまうので、

そのようになってくると、

使いにくくなってしまいます(>_<)

また、産まれてまもなくから

元気に足を動かす赤ちゃんもいるので

全く使わなかった(^^; というママもいるようです。

私の息子も、男の子ということもあってか

元気に足をバタバタさせるので、

お下がりで頂いた長肌着は、

ほとんど使いませんでした。

 

コンビ肌着…必要度★★★★★

枚数→4~6枚あるといいです♪

コンビ肌着も長肌着と同じくらいの長さがあります。

股のところにスナップボタンがついているところに

長肌着との違いがあります。

ボタンがついていることで

足の部分が分かれるので、

足をバタバタさせていても

問題ありませんよ♪

 

アンパンマンがプリントされているものなど

色や柄が可愛いものもあります。

私は息子の夏の部屋着を

コンビ肌着1枚にして

過ごしていましたよ(^ω^)

 

2wayオール…必要度★★★★★

枚数→4~5枚あるといいです♪

2wayオールはボタンのとめ方によって、

新生児の頃は、足のないドレスタイプにして

成長したら、足のあるカバーオールにしてと、

変化させることが出来るので長く着せられます。

私の息子は現在7ヶ月ですが、

丈がすっかり短くなって七分丈ズボンのようになっいます(^^;

それでも、幅には余裕があって

つい最近までパジャマとして着せていました!

体の小さめな赤ちゃんなら、

生後半年くらいまで活用できますよ♪

 

カバーオール…必要度★★★★

枚数3~4枚あるといいです♪

カバーオールは、動きが活発になる頃に定番となる洋服です。

2wayオールは、長袖や七分丈がほとんどですが、

カバーオールは半袖のものもあります!

フリース素材のものや裏起毛のものもあるので

赤ちゃんが2、3ヶ月になるくらいの季節にあわせて

用意してあげるといいと思います(^^)

 

●ベスト…必要度★★★★★

枚数→1~2枚あるといいです♪

ベストは体温調節に役立ちますよ♪

季節の変わり目に着せると 調節しやすいです!

また、赤ちゃんの洋服は 動きやすさが基本なので、

袖のある服よりもベストのほうが 動きやすそうです!

 

●おくるみ…必要度★★★★

枚数→1~2枚あるといいです♪

新生児の頃、おでかけするときに

欠かせなかったのがおくるみです!

産まれたばかりの赤ちゃんは、

体温調節が下手なので、先程紹介したベストやおくるみで

大人が調節してあげてください!

なんと、私が産まれた時に使ったおくるみを

母が物置から見つけ出してくれたので、

退院するときに息子をそれでくるんであげました。

なんだか、不思議な気持ちでしたが、

嬉しくて嬉しくて感動しちゃいました☆

またおでかけする頃は、少し暑くなっていることを見越して

ガーゼ素材のおくるみも用意しておきましたよ!

 

●セレモニードレス…必要度★

退院の時や、お七夜、お宮参りに 着せる真っ白いドレスです。

お値段が張る割には使用機会が少ないので、

悩むママが多いです(^^;

私は用意せずに、退院の時は白い2wayオールを着せて

お宮参りは、義理の妹にセレモニードレスを借りました。

二人目、三人目を望むなら、

買っておいてもいいのかなと思います。

お財布との相談ですので無理に買う必要はありませんが、

兄弟にも着せることを考えると、

無駄にはならないのかもしれません!

 

●帽子…必要度★★★★

数→1~3つあるといいです♪

帽子は外出時必要になります!

特に夏と冬ですね(^^)

夏は日差しから守ってあげないと

すごく眩しそうに目を細めていて かわいそうです(;´Д⊂)

冬は冬で、息子は髪の毛の量が少なくて

風が地肌にダイレクトに当たるので、

お散歩のときはニット帽を被せています。

外に出るようになったら必ず役に立つので、

用意してあげましょう。

ただ、すぐに使うことは少ないので、

出産準備の観点から見て ★はひとつ減らしました~!

 

●スタイ…必要度★★★

枚数→何枚あってもいいです。

スタイはよだれ掛けのことです。

最近はビブという呼ばれ方もされています。

 

赤ちゃんは歯が生える時期によだれがとっても増えます。

息子は6ヶ月で生えてきましたが、

その前からよだれがダラダラ…

現在も出まくっています(笑)

1日に3、4回スタイを交換してあげないと

びしょびしょになってしまいます(>_<)

 

赤ちゃんってスタイをしているイメージが強くありませんか?

私はずっと赤ちゃん=スタイのイメージがあって

出産前にプレゼントしてもらったものを

早くつけてあげたくてわくわくしていました。

 

実際は、新生児はよだれが出ても

ダラダラと垂らすわけじゃないですし、

まだ自由に体を動かせない時期に

何かの拍子で寝ている間なんかに

スタイがめくれて顔にかかったら大変((( ;゚Д゚)))

そんなふうに思うと怖くてつけていませんでした。

「予想外!スタイって案外使わないのかなぁ」

なーんて思って、すっかりスタイのことを忘れていたら、

いつの間にかよだれが溢れ出るようになっていたのです((゚□゚;))

多分、4~5ヶ月頃だったかと思います。

それからはスタイ様様!です(‐人‐)

ということで、こちらも帽子同様

すぐには必要ないので、★は減らしました!

今つけるなら★5つどころか10こはつけたいです‼

 

ミトン…必要度★

ミトンは赤ちゃん用の手袋です。

手袋と言っても大人のように

寒さをしのぐためのものではなくて

赤ちゃんが自分の手で顔を引っ掻いて

傷を作らないようにするためのものです。

 

一説によると、産まれたての赤ちゃんは、

自分に肉体があることに気づいていないので、

自分の体だと思って触っていないそうなんです( ゚Д゚)

だから、力の加減なしに思いっきり自分の顔を引っ掻きます!

そして、痛みがあってもなんで痛いのか分からないので、

また引っ掻いてしまうんですね。

 

引っかき傷を防ぐためのミトンですが、

デメリットもあります。

赤ちゃんの手の感覚はとても繊細で

色々なものを触ることによって

感覚がさらに研ぎ澄まされていきます。

その時にミトンをしてしまうと感覚が鈍くなりますが、

その子にとってはその鈍いのが普通になってしまうので

感覚が発達しにくくなってしまうそうなんです!

 

だから、なるべくならミトンはしないほうがよくて、

引っ掻き傷を作ったとしても、

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、

傷がとても早く治りやすいんですね。

なので心配することはないですよ!

ということで★1つです。

 

靴下…必要度★★★★

靴下も外出時にはかかせないものですが、

赤ちゃんの足の裏は体温調節をする機能があります。

靴下によってそれができなくなってしまうので、

部屋の中では靴下を履かせないほうが

いいんだそうです!

でも、どーしても寒い時ってありますよね?

大人だって寒くて冷えると痛くなったりするので

私は朝の寒い時間には

おうちの中でも履かせています。

大人よりは暑がりな赤ちゃんですが、

言葉を発せられないので、

表情や動きで読み取ってあげましょう!

 

以上が赤ちゃんの洋服関連についてです。

 

赤ちゃんの体温調節のことをしっかりと考えてあげましょう

赤ちゃんは新生児~3ヶ月までは、

大人と同じか1枚多く着せてあげて

それ以降は、大人より1枚少なくするのが

洋服の着方の基本です。

 

ついつい着せすぎてしまいがちですが、

それが冬でも汗疹をつくってしまう

原因になります。

赤ちゃんは寒くて泣くよりも

暑くて泣くことのほうが多い

と子育てしていて感じました。

 

それなので、体温調節は赤ちゃん泣く理由の1つとして

頭の片隅に入れておくと良いですよ。

大泣きしているときは、

洋服の調整もしてあげてください!

 

赤ちゃんのお洋服選びはとっても楽しい♪

個人的に出産準備でいちばんわくわくしたのは、

赤ちゃんの洋服関連のものを

選らんでいるときでした!

 

肌着は洋服の中に着せるので

見えないとわかっていても

可愛いものを着せたくなるのが親心ですよね♥

まだ見ぬ我が子をイメージしながら

何色にしようかな?

どんな形がいいのかな?

気に入ってくれるかな?

なんて、思いを巡らす時間は

本当に幸せです♪

 

産まれてしまえば、

ゆっくり洋服を考える暇もないですし、

新生児のうちは吐くことが多くて

しょっちゅう着替えるので

それどころじゃないんですけどね(^^;

 

だからこそ、

赤ちゃんに会えるまでの期間は、

思いっきり幸せを感じて

素敵な洋服を選んであげてください!

 

今回は少し長くなりましたね。

最期までお付き合いしてくれてありがとうございます。

次回もよろしくお願いします♪

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
 
 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

オススメのブログ♪

こちらをクリック
↓ ↓ ↓

子育ての合間にお金を稼ぐヒントが見つかりますよ♪

このページの先頭へ