私が経験して感じた本当に必要な赤ちゃんのための準備用品その④~出産までに用意するものシリーズその⑦~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク



こんにちは♪

今回も前回と同様に

赤ちゃんの出産準備用品について

書いていきます♪

 

今回は、授乳関連のものについてです(^^)

授乳グッズについては、

以前にもブログに書きました。

その時は、主に母乳での授乳を

上手にやるコツやそのための

おすすめグッズについて書きました。

こちらです。

 

今回は主に母乳ではなく、

ミルクメインで育てる場合に

必要なものについて書きたいと思っています!

 

今でこそ完全母乳育児をしてる私ですが、

息子が生後5ヶ月すぎまでは

ミルクを足していました。

このことについても

軽くブログで触れています(^ω^)→こちらです。

そのときにも書いた通り

ある日突然、息子が

ゴム製の乳首を嫌がるようになってしまい

完全母乳にせざるを得なくなってしまったんです(>_<)

本当に突然の出来事で前日まで何事もなく

ゴクゴクと哺乳瓶でミルクを飲んでいたので、

最初は「お腹がすいてないのかなぁ」

くらいにしか思いませんでした。

 

ちなみにどんな反応かというと

乳首を口にいれると

おえーっと吐き出すような顔をしたり

苦いものを食べた時のような顔をするんです。

吸い付くことはおろか

口に入れさせてもらえないので

困っちゃいました…

私の母乳は出るは出るけど

余るほど出るというような感じではなく

母乳パッドもほとんど染みないくらいの

差し乳なんです。

 

差し乳ってなんだ?

って、思いましたよね(^^;

簡単に説明しますね。

差し乳とは、母乳の出方を示す言葉です。

医学的な言葉ではないのですが、

育児書にも載っているので

聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

一般的に差し乳は、

「普段もあまり張らず、授乳時間を空けても張ることが少ない」

「赤ちゃんが飲み始めると張ったような感じになり、一気に母乳が出てくる」

という母乳の出方をいいます。

差し乳のママは、目に見えて母乳が出ていることを

確認しずらいので、

ついつい出ていないと勘違いしてしまいがちです(´-ω-`)

私も心配になって助産院に相談に行きましたが、

「あなたのおっぱいは赤ちゃんが吸うと出るいいおっぱいよ!」

と、太鼓判を押してもらえてとても安心しました!

その言葉がなければ、

自分が差し乳だということを知らずに

ミルク育児に切り換えていたかもしれません。

今、母乳育児ができてるのはこの言葉のおかげです!

また、反対に溜まり乳という言葉もあります。

こちらは「赤ちゃんが飲んでも飲まなくても、常におっぱいが張っている」

「ずっと母乳が作られていて、常に乳房内に母乳が溜まっている」

という母乳の出方です。

溜まり乳の友達は、赤ちゃんが吸わなくても

シャワーのように母乳が出続けていて、

夜中の授乳中に赤ちゃんの顔を母乳だらけに

してしまったことがある!

なんて言っていました(; ゚ ロ゚)

先程、助産院で「いいおっぱい」と

言ってもらえたと、書きましたが、

差し乳がよくて、溜まり乳が悪い

なんてことはもちろんありません!

どんなママでも母乳は作られていて、

乳房が張りやすいママと

張りにくいママがいます。

母乳の出方には個人差があることなんですね。

助産師さんは、どちらのタイプだとしても

ちゃーんと母乳の出ているおっぱいに対して

「いいおっぱい!」と

言ってくれたのだと思います♪

 

また、助産師さんは

「出ているけど、不安になるようならミルク足してもいいわよ。

ママの気持ちも体も楽になるから。」

とも言ってくれました!

その時、ほぼ1時間おきに授乳していた私にとって

まるで天からの言葉でした(笑)

それで、早速お風呂上がりや、寝る前、

そして何をしても泣き止まない時に

ミルクを足すことにしました!

いざとなればミルクがある!

という安心感でゆったり構えられましたよ!

 

ということで、ミルク育児も少しだけ経験のある私が

実際の体験を通して感じたことを踏まえて

いよいよ本題に入りたいと思います(^ω^)

 

ミルク授乳で必要な道具ってなんだろう

●哺乳瓶…必要度★★★★

ミルク育児に欠かせないのが、哺乳瓶ですよね!

哺乳瓶がなければミルク育児はできません!

哺乳瓶も色々な種類がありますが、

私が使ったのは、

「ピジョンの母乳実感」という哺乳瓶です。
こちらがピジョンの母乳実感です♪

哺乳瓶の人気ランキングで

いつも一番人気な印象があります。

母乳実感は母乳育児を応援する目的の

哺乳瓶なので、私のようにミルクをちょっと足すだけ

というママにも使いやすいと思います(^^)

赤ちゃんが母乳と同じ口の使い方で飲めるので

あまり混乱せずに飲んでくれるみたいです。

息子も問題なく飲んでいました。

完全母乳の場合は必要ないので

★はひとつ減らしましたが、

本当は5つ星だと感じるものです。
 
シリーズとして色々な種類がありますよ♪
 

●粉ミルク…必要度★★★★

粉ミルクは哺乳瓶以上に種類があって

どれにしようか悩んでしまいますよね。

私はあくまでも母乳に足すというスタンスだったので、

少しでも母乳に近いものを選ぶのが

ミルク選びの基準でした。

色々と調べた結果、

「ビーンスタークすこやか」

というミルクが母乳の成分にいちばん近い

ということがわかり、それを使うことにしました。→こちらです。

現在は、ミルクを飲まないので

半分以上余ってしまっていますが、

離乳食をつくるときに使えるので

余っても捨てずにとっておくといいですよ♪

現在のミルクは、栄養もたっぷりですし、

ミルクだから…と気にする必要もないくらい

しっかり赤ちゃんが育ちます!

さまざまな理由で

ミルク育児を選ぶママがいると思いますが、

母乳だけに拘らずミルクに頼ってみるのも

育児に必要な余裕をつくるひとつの手ですよ!

こちらも、ミルク育児なら★は5つですね☆

 

●哺乳瓶用洗剤、ブラシ…必要度★★★★

赤ちゃんが直接口にするものなので

大人用の強い中性洗剤よりも

赤ちゃん用のものを使う方が

安全性が高いです。

ブラシについては、

哺乳瓶用のブラシセットが売っています。

乳首の先にも届く細目のブラシや

哺乳瓶の底まできちんと洗える長さのものが

セットになっているので、

それを使ってミルク残りのないように

綺麗に洗ってあげてくださいね。

 

●消毒セット…必要度★★★★

消毒セットで有名なのは「ミルトン」です!

あなたも耳にしたことのある名前ではないですか?

専用のケースに水道水を注いで

ミルトンを入れるだけで

消毒液が出来上がり、

そこに洗ったものを入れると

除菌してくれるという優れものです。
こちらです。

ミルトンは錠剤でしゅわしゅわ溶けるものと

液体のものがあります。

ミルトン以外にも消毒液がでているので、

お値段などと相談して選んでみてください。

除菌の方法は消毒液を使う以外に

熱湯消毒や電子レンジでの消毒もあります。

ご自分にあったやり方で構わないので、

試してみてくださいね♪

ズボラな私はミルトンが好きです(笑)

また、除菌は哺乳瓶以外にも

赤ちゃんが口にする

おもちゃなども忘れずにしてあげてください。

 

●粉ミルクケース…必要度★★★

外出先でミルクをあげるときに

あると便利なのがミルクケースです!

私は外出時にミルクを飲ませることはなかったので

買いませんでしたが、

離乳食を始めるようになって

離乳食の持ち運び用に買い足して

重宝しています(*^^*)

 

以上が最低限必要になってくる授乳関連用品です!

母乳に関しての道具は、

以前のブログに書いてありますので、

そちらもチェックしてみると参考になると思います。

こちらです。

 

母乳でもミルクでも

授乳中は赤ちゃんとの絆をつくるために

いちばん重要な時間です。

赤ちゃんと目と目を合わせてする授乳は

何事にも変えがたい幸せを感じられます♥

まだ妊娠中のあなたにも

はやくこの幸せを味わってもらいたいです。

戸惑うことも多くあると思いますが、

お気に入りのグッズや

使いやすいグッズを見つけて

幸せな授乳タイムにしてみてくださいね。

 

今回は以上になります。

次回も引き続き、赤ちゃんの出産準備用品について書いていきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
 
 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

オススメのブログ♪

こちらをクリック
↓ ↓ ↓

子育ての合間にお金を稼ぐヒントが見つかりますよ♪

このページの先頭へ