私が経験して感じた本当に必要な赤ちゃんのための準備用品その⑤~出産までに用意するものシリーズその⑧~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク



こんにちは♪

ベビーライフは楽しんでいますか?

 

出産して子育て真っ最中のママさんは、

毎日が未体験の連続だったり、

ハプニングの連続で楽しむ余裕なんてないよー(;_;)

って感じかもしれません。

それでも、子供が眠りについて訪れる

ほんの僅かな静かな時間、

そんな時に見る子供の寝顔はまるで天使のようで、

その寝顔を見るだけで一瞬で子育ての大変さを忘れさせてくれますね。

 

妊娠中のママさんはいかがですか?

これから訪れる出産に向けて変化する体の調子や体型に

赤ちゃんに会える日を想像してワクワクやドキドキを感じていると思います。

そして、これから始まる赤ちゃんとの生活をイメージしながら

楽しんで出産準備や出産後の準備は進んでいますか?

 

子供を生むということはもちろん大変なこともたくさんあります。

それでも赤ちゃんが自分を選んでこの世に生まれてくるって

ほんとに奇跡に近いことだと思います。

そんな我が子のためにもベビーライフを楽しみましょうね♪

 

さて、ブログの方は読んでいただいていますか?

 

もし、あなたがこれから出産を控えている妊婦さんでしたら、

ぜひぜひ読んでみてくださいね♪

最近は出産準備品について、自身の経験を踏まえて

本当に必要な物について書いていますので、

きっとお役に立つと思います♪

 

今回も前回に引き続き、

出産準備用品の赤ちゃん編を書いていこうと思います。

今回はお風呂関連の商品について

細かく書いていきたいと思います♪

 

出産準備用品の赤ちゃん編も

あとはオムツ関連、健康雑貨関連、

お出掛け関連の3つですね。

のこり僅かとなってきましたが、

最後までお付き合いいただければ嬉しく思います♪

今回も赤ちゃんグッズについて必要度合いを星の数で表しています。

星の数が5つだと、必要性をとても感じます。

一方、星の数が1つだと、必要はないかなと思ったものです。

それでは早速、お風呂関連のグッズをご紹介していきます。

 

赤ちゃんのお風呂関連のグッズで本当に必要な物は何だろう

●ベビーバス…必要度★★★★★

産まれたばかりの赤ちゃんは、

まだ、雑菌などに対する抵抗力が弱く、

大人と同じバスタブに浸かってしまうと

病気を引き起こす原因になってしまいます(>_<)

また、赤ちゃんのおへそは、

へその緒を切ったばかりだと じゅくじゅくしていて

そこからバイ菌が入り込むと 化膿してしまいます(;_;)

そんな事態を避けるために赤ちゃん用の小さなバスタブを用意してあげます!

それがベビーバスです!

ベビーバスは空気を入れて膨らますものや、

プラスチック製のもの、 キッチンのシンクにはめて使うものなどなど、

種類が豊富にあります!

私は頂き物の空気を入れて膨らますタイプのものを使っていましたが、

柔らかくて赤ちゃんがぶつかっても痛くなさそうだし、

使わない時は空気を抜いて畳んでおけるので、

場所もとらず便利でした(^^)

ただ、丈夫ではないので ちょうどこの日がベビーバスを使うのが最後!という日に、

何かの拍子で穴が空いてしまい、空気が入れられなくなってしまい、

なくなく手放すことになりましたヽ(;´ω`)ノ

ベビーバスはいつまで使うのかということが気になると方もいると思います。

私は助産師さんから、

「おへそが綺麗になってるから もう大人と一緒でいいよ!」

と言われました。

なので、ベビーバスを卒業するタイミングとしては、

へその緒がとれておへそがおへそらしくなった時が目安です。

息子はお風呂入りにポロっとへその緒が取れたので

無くすことなくきちんととってあります☆

病院で頂いた専用のケースに入れて

保管してあるので大きくなったら見せてあげるつもりです!

私も幼い頃に自分のへその緒を母に見せてもらって感動した記憶があります。

息子にも命の凄さが伝わるといいなぁなんて思っています!

 

●湯温計…必要度★★★★★

赤ちゃんは皮膚が薄い分、

大人が思っているよりぬるめのお湯じゃないと

熱くて泣き出しちゃいます(>_<)

また、すぐにのぼせてしまうので

長湯は禁物ですよー!

37度~38度くらいのお湯をベビーバスに張って

5分~10分を目安に

ささっと洗ってあげましょう!

新生児の首も座っていない

ふにゃふにゃな赤ちゃんをお風呂に入れるのって

想像しただけでもドキドキしちゃいますよね(´゚ω゚`)

私は、ベビーバスを使っていたのは里帰り中だったので、

毎日、母と一緒に息子を入浴させていました!

二人がかりでもやっとの思いで入れることが多くて、

けっこう大仕事ですf(^^;)

これから冬に向かって出産予定の方は特に

赤ちゃんが湯冷めしないように、気を付けてあげてください!

 

●ベビーソープ、ベビーシャンプー…必要度★★★★★

赤ちゃんのお風呂用せっけんは、

全身洗える、全身シャンプーと

頭専用のシャンプーがありますが、

最初の頃は、特に分けずに全身シャンプーを用意すれば大丈夫です。

2ヶ月頃になると、頭皮の脂が出始めてくるので

その時にシャンプーを使いはじめてあげると、いいと思います。

息子はだいたいそのくらいの時期に

夏ということもあって、頭皮からおじさんの匂いがしてきたので(笑)

シャンプーを使ってあげることにしました!

昔ながらの固形せっけんもありますが、

今はポンプ式で押すと泡で出てくるせっけんの方が使いやすいです!

ママ一人でベビーバスやお風呂に入れる場合、

どうしても片手での作業になるので、片手で押せるポンプ式の方が作業が楽になります。

私のおすすめは・・・、

キューピーちゃんが目印の、キューピーシリーズです!
こちらです♪

息子の頬の乳児湿疹が酷くて、良いせっけんがないか探していたときに

たくさんの先輩ママからキューピーをおすすめされました!

全身ソープとシャンプーの両方を使用しています。

残念ながらまだまだ湿疹が酷く、

病院の指示で顔は水で洗い流すのみなので

顔には使用していませんが、

それ以外の部分では、特に乾燥や肌荒れは見られず

息子の肌にあっていると思います。

ある先輩ママは、小学校に入るまでこのシリーズを使っていたそうです!

あなたが、もし、せっけん探しに迷っているようなら検討してみてください。

こちらはとてもおすすめですよ!

 

●沐浴材…必要度★

沐浴材は主にベビーバスを使用するときに使うもので、

ベビーバスにお湯を張ったら、そこに沐浴材を溶かして使用します。

大人でいう入浴剤のような感じをイメージするとわかりやすいかと思います!

入浴剤と異なる所は、沐浴材を使用すると、

先程紹介した赤ちゃん用のせっけんを使用せずに、

沐浴材を溶かしたお湯だけで赤ちゃんの体を洗ってあげることが可能です!

何かと手間がかかる新生児のお世話の強い味方です。

てすが!

赤ちゃんによっては肌荒れを起こしやすいという口コミが多く、

また、かけ湯をしなくていいとされていますが、

それだとぬるぬる感がのこって結局洗い流す手間がかかるなどの理由から

使わないママも多いです。

私も、キューピーシリーズを使っているため、

特に沐浴材を使用することはありませんでした!

産院でおすすめされることもあると思うので、

助産師さんと相談しながら決めてみてください!

 

●ベビーローションなど保湿するもの…必要度★★★★★

先程書きましたが、息子は頬のみ乳児湿疹が出ていて

酷いときにはじゅくじゅくと化膿してしまい、

とてもかわいそうでした…。

皮膚科に通っていますが、

先生からはとにかく「保湿が大事!」と、言われています。

1日2回の塗り薬に加えて、暇があればすぐにワセリンで保湿しています。

体は市販の赤ちゃん用のボディーローションを塗って乾燥を防いでいます!

産まれてすぐからケアしてあげることで、

大人になってからも荒れにくい肌になるそうなので、

続けてあげたいなと思っています。

おむつかぶれでお尻が赤くなってしまったときも、

ベビーローションを塗ると赤味が引くので、保湿はやっぱり大事ですよ!

保湿には、

ベビーミルキーローションがおすすめですよ♪

息子は産まれてからずっと使用しています(^ω^)

 

●入浴布…必要度★★★★★

入浴布はガーゼのことです。

顔や体はガーゼで洗ってあげましょう。

また、赤ちゃんの体をくるむ

フェイスタオルくらいの大きさのガーゼもあるといいです。

新生児の頃は、赤ちゃんにとってすべてが初めてのこで

大人にとっては当たり前のお湯に浸かるということだけでも、恐怖を感じます。

体に布を巻いていると、裸でいるよりも安心感があるので、

ベビーバスに入れてあげる時は、

ガーゼで来るっと一週赤ちゃんを包んであげるか、

赤ちゃんのお腹の上にガーゼを乗せておいてあげましょう。

そんなちょっとの違いで、びっくりするくらい赤ちゃんの安心感が違います!

このやり方は母から教えてもらったのですが、

最初は半信半疑でした(-_-;)

でも、ガーゼを巻いているときと巻いていないときで

驚くほど泣き方が違いました。

というより、巻いてあげてるときは

泣きませんでした!!

 

赤ちゃんがお風呂のときに大泣きして困ってる方がいましたら、

赤ちゃんがお湯が怖くてびっくりして泣いてるのかもしれないので

ガーゼを1枚巻いてあげてみてくださいね!

大人と一緒にバスタブに浸かれる頃には、

お風呂にも慣れて必要なくなりますよ。

 

●バスタオル…必要度★★★★★

赤ちゃん用のバスタオルを3枚ほど用意しました。

今は息子が大きくなり、赤ちゃん用だとはみ出てしまうようになったので、

大人と共用しています!

新生児の頃は肌がデリケートなので、大人用とは分けてあげてくださいね。

私のおすすめはポンチョのように、すっぽり体を包めるものです。

お風呂入りにすぐ授乳するときなど、赤ちゃんが湯冷めをしにくく重宝します!

赤ちゃんもお風呂で汗をかいて喉がカラカラになるので、

授乳してあげるといいと思います!

6ヶ月くらいからは、湯冷ましや麦茶をあげてもOKです。

息子はおっぱい派なようですが(^^;)

こちらとしては麦茶を飲んでくれるとなんとなく気が楽ですよね!

 

●ボディスポンジ…必要度★

赤ちゃん用のボディスポンジを使う場合、

手袋のように手にはめて使うタイプのものがいいと思います。

ですが、私はガーゼをスポンジがわりにして使っていて特に不便ではないので、

あえて用意する必要もないかなぁと思います。

もし、使うときはごしごし洗わずに

やさしく撫でるようにして洗ってあげてくださいね!

 

これでお風呂関連グッズは以上です。

 

お風呂は赤ちゃんとの絆を深めるとっても大事なところ

赤ちゃんとのお風呂はとても気を使うので一苦労ですが、

気持ちよさそうに浮いてる息子を見ると

可愛くて癒されちゃいます!

裸でのコミュニケーションはより絆を深められるそうなので、

お風呂の中でもぎゅっと抱き締めてあげたりして

お風呂でしかできないコミュニケーションをとってあげるといいですよ。

 

長文となりましたが、最期までお付き合いありがとうございます!

次回もも引き続き赤ちゃん編を書いていきます。

できるだけ詳しくお伝えするように頑張りますのでよろしくお願いします。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
 
 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

オススメのブログ♪

こちらをクリック
↓ ↓ ↓

子育ての合間にお金を稼ぐヒントが見つかりますよ♪

このページの先頭へ