あなたは子供が出来た時に感じた心配事って何ですか?不安を小さくするちょっとした工夫♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク



こんにちは♪

前回で、『出産までに用意するものシリーズ』は完結となりました♪

いや~、長かったですねww

全部で10記事に分けていましたので読んでいて大変だったと思います。

最期までお付き合いしてもらえて嬉しく思います。

せっかく書くなら少しでも役立つものにしたいなぁと思って書いていたら、

盛り込みすぎましたねww

実際に使ってみた自身の経験談などをふんだんに盛り込みました。

これだけ読んでもらえれば、準備は万全!と思える内容になったと思います。

特に出産準備がこれからだったり、真っ最中のママさんには、

まさに役に立つ内容だったと思います。

 

もしまだ見てないよーってことでしたら、

是非覗いてみてくださいね。

知りたい情報が書いてある記事だけでも読んでみると

お役に立つかもしれません。

 

それでは今回も始めていきたいと思います♪

 

赤ちゃんが出来た時に心配になることはありましたか?

 

突然ですが・・・、

あなたに赤ちゃんができたとわかって

心配になることはありましたか?

 

全然ないよーっていうママさんもいますよね。

あなたは何か心配がありましたか?

 

 

とあるサイトに、

ママたちの心配なことランキングというものがありました。

 

そのランキング結果はこんな感じになっていました。

3位…子育てのストレス

 

2位…子供にかかるお金

 

1位…子供に対する叱り方

 

こちらがママたちの心配なことの上位なんですね。

 

私も一児の母として、全てに共感しますね(>_<)

これを見てみて、あなたはどうですか?

共感する部分はありましたか?

 

やっぱり一番気になる心配事はこれですよね

今回は、心配事の2位にあります

子供にかかるお金をテーマに ブログを書きたいと思います。

 

 

子供一人を育てるために必要なお金の金額はいくらになるか、

あなたはご存じですか?

 

ちょっと想像してみてください。

 

漠然とですが、小さいお金じゃないなぁと思いますよね。

 

 

正解ですが、

現在、約1000万円だと言われています。

 

いかがですか?

 

思ったよりも少なかったですか?

それとも多かったですか?

 

いずれにしてもまとまった金額が必要ですね。

しかし、 この金額は全ての学校を公立学校に通わせたときの金額です。

私立の学校を選べば 1.5~2.0倍になってきますね(´;ω;`)

大学に進学するのはほぼ当たり前な時代ですので、

ざっと考えてもこのくらいの金額になっちゃいますね。

考えただけで頭が真っ白… 、

というより正直なところ考えたくない問題です(-_-;)

 

この問題を解決するためにはどうすればいいんだろう

この問題を解決して安心するには、

子供一人につき1000万円以上の貯金をすること!

これにつきますよね。

1000万円の貯金なんて

そうそう簡単にできるものじゃありませんよね(>_<)

少なくとも我が家はそうです…

それに、お子さんがたくさんいらっしゃるご家庭は

その人数分の貯金をしなければならなくなってしまい、

その日1日暮らすのも難しくなちゃいますね^^;

 

では、どうすれば子供の未来に対して

安心した気持ちでいられるのかを

これから一緒に考えていきましょう♪

 

解決策その①

まず、ひとつめの解決策は

「学資保険に入る」

 

学資保険とは、

子供の教育費などに掛かるお金を補助することを目的とし、

毎月保険料を支払うことによって、予め設定した時期に

給付金としてまとまったお金を受け取ることができる保険です。

 

契約時に決めた子供の年齢に合わせて給付金を受け取れます。

貯金が趣味♪という人もたまにいますが、

だいたいの人は、貯金するぞ!と意気込んでも

ついつい使ってしまったりして

思うように貯められないのが現実ですよね。

 

その点、学資保険は通帳からの引き落としなので

勝手に引かれていきますし、

ちょっとおろして使うということもできません。

保険料を払い続けられる限りは

かなり確実に貯蓄していけます。

利率のいい保険を選べば

自分で貯めた以上のものが戻ってきますので、

お得感もありますね☆

 

設定金額にもよりますが、月10000円程度を

我が子のために貯金すると考えれば

結構いいものだと思いませんか?

市から受給される児童手当を、学資保険に当てているママさんも

たくさん見受けられますよ。

是非考えてみてはいかがでしょうか!

 

解決策その②

次は

「子供の将来は自分で決めさせる」

これは一見投げやりな案に見えるかもしれませんが、

親がいくら大学に行く予定を立てていたとしても、

子供はまったく違う道を考えている可能性もあります。

今ここで、「お金がかかる、どうしよー!」と困っているのは、

子供が進学するのが前提ですので、

親の取り越し苦労ということも

あるのかもしれないのです!

 

お子さんがもし、自分で自分の道を決めたなら

自分で責任を持ってその道を進むことができますよね。

仮に大学に進学するにしても

今は奨学金制度がありますし、

自分で決めた道ならば、

そういう制度を利用するのもありだと思います。

どちらに転んでも、自分の意志がきちんとある選択ならば

大人になったお子さんが自分でどうにかするだろうと、

信じてあげるのもひとつのやり方です。

 

だからと言って何もしないのではなく、

親として必要最低限の準備だけして

あとは見守ってあげたらいいのではないでしょうか。

 

解決策その③

さて、最後は精神論になりますが

「まだ見ぬ未来を心配しても意味がないと割りきる」

お子さんが大学生になるまでには

産まれてからあと18年はかかります。

その間に、私たちを取り巻く環境が

どんな風に変わるかなんて

どこの誰にもわからないことです。

高校、大学が義務教育になるかもしれないし

ご主人のお給料がアップして

一気に貯金できるようになるかもしれません。

逆に縁起でもありませんが、

お金がなくなってしまう状況になることも

可能性としてはまったくないわけではありません。

 

そんな、見えない未来に怯えて

右往左往するのではなく、

今日1日をしっかり生きることを目標に

自分が今子供にしてあげられる最善を尽くす。

それだけでも、気持ちがぶれずに

今を大切にできそうですよね。

 

子育てには心配は付き物です。

私はママ歴七ヶ月の

ひよっ子ママですが、

心配の数は、子供を産むまでよりも

産んでからの方が確実に増えました。

あなたも心の中に色々な不安があると思います。

でも、それは我が子が大切だからこそなんですよね。

 

だから今は不安はあってもいいと思っています。

不安があってこそのママです!

それに、不安を持ちつつも

息子の顔を見ていると、

きっと、どんなに大変なことが起きたとしても

この子と一緒ならどうにかなるんだろう!と

変な自信が沸いてきます(笑)

 

お金に限らず色々な不安を超えて

ハッピーな未来が私にもあなたにも来るように

願っています!

大袈裟な感じの最期になってしまいましたが、

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

次回もよろしくお願いします♪
 
 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

オススメのブログ♪

こちらをクリック
↓ ↓ ↓

子育ての合間にお金を稼ぐヒントが見つかりますよ♪

このページの先頭へ