あなたはのお子さんは手のかからない子ですか?~もしかしたら、それは危険なサインかも!?~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク



こんにちは♪

前回はおすすめの絵本についてご紹介しました。

いかがでしたか?→こちらです。

 

絵本の読み聞かせは赤ちゃんの脳の発達に良い影響を与えます。

そして、本好きな子供に育ちやすいです。

絵本の読み聞かせはお腹の中にいる時から始めても効果があります。

最近は赤ちゃんでも認識しやすい絵本もありますので、

是非活用してみてください。

 

今回も早速始めていきたいと思います!

 

あなたは手のかからない子に育てたいですか?

お子さんがおとなしい子ならその理由を知っていますか?

まずは質問です。

あなたはお子さんを「手のかからない子に育てたいですか?」

 

もし手のかかるお子さんなら、

毎日、赤ちゃんのお世話が大変で家事が進まないから、

もう少し大人しい子にならないかしらと思ってしまいますよね。

 

もしかしたら、「うちの子は静かで全然手がかからないわ」と

思うほど大人しいお子さんかもしれませんね。

 

手のかからない子供だと家事や自分の事もはかどるし、

毎日の生活が楽になりますよね。

 

あなたは手のかからない子がいい子だと思いますか?

 

もしそう思ったなら、ちょっと待ってください!

お子さんが静かな理由によっては、とても危険なことかもしれません。

 

お子さんがおとなしい性格で手がかからないのではなく、

ママにかまってもらえないから、諦めてしまっている

もし、このような理由で手のかからない子になっていたらそれは危険信号です。

 

聞き分けが良く素直に親の言うことを聞いてくれる

本当に育てやすい子もいますが、

中には「サイレントベビー」といって

ママに自分の意思を伝えることを

諦めてしまっている赤ちゃんがいるのも事実なんです。

 

猿で実験してみた結果、赤ちゃん猿に大きな変化が起こった

こんな実験があります。

母猿から猿の赤ちゃんを離して、

ミルクの部屋と猿のぬいぐるみの部屋、両方を用意します。

そして赤ちゃん猿を自由にすると、

空腹に負けて、まずはミルク部屋に向かいました。

お腹いっぱいになって満足すると

今度はダッシュでぬいぐるみ部屋に向かいました。

ぬいぐるみを母猿だと思って

ずっとその部屋から動かず

ぬいぐるみに寄り添っていたそうです。

赤ちゃん猿がどんなに何かを訴えても

母猿だと思っているものはぬいぐるみなので、

当然返事がありません。

泣いても、喚いても、怒っても、甘えても

返事がない。つまり無視されていると赤ちゃん猿は受けとります。

 

その実験を何日も続けて、その後に猿の群れに返すと

この猿は群れにとけこむ事が出来ませんでした。

長い間、母猿に無視されていると思い

赤ちゃん猿の心は傷つき

良好な親子関係を気づけなかったために

内気な性格になってしまったためではないでしょうか。

 

人間の赤ちゃんで実験した結果、全員の予想を裏切る結果に

また、こんな実験もあります。

ソ連で実際に人間の赤ちゃんで実験したものです。

戦争で孤児になった赤ちゃんを

1、泣いたらすぐに人が抱いたり言葉をかけてあげるグループ

 

2、ミルクをあげて栄養面はきちんとし、

オムツ替えなど必要最低限の面倒は見てもらうけど、

泣いても相手にしないグループ

 

の2つのグループに分けました。

 

これはどちらが「忍耐強い人間になるか」を調べるための実験でした。

あなたはどちらがより忍耐強い人間になると思いますか?

強制的に我慢を強いられる2つ目のグループの方が

忍耐強くなると思いませんでしたか?

 

ソ連でも多くの人が、実験前に

「泣いたらすぐにあやしてもらう赤ん坊は、甘ったれで弱い人間になる。

泣いても放っておかれる赤ん坊は我慢強くて強い人間になる」

という予想を立てていました。

ところが、

なんと実験結果は真逆だったのです!

1つ目のグループにいた赤ちゃんは

明るく健康で頑張りやになったそうです。

泣くことは赤ちゃんの唯一の訴えです。

それがちゃんと受け入れてもらえるんだ!という信頼ができ

自分が努力すれば報われると言う自信を持てたからです。

2つ目のグループにいた赤ちゃんたちは、

泣いても無駄と悟って

大人しい赤ん坊になったそうです。

無気力で信頼関係や愛情を持てない人間に育ちました。

「努力しても無駄」

「愛されていない」

「この世は自分を必要としていない」

という思いが生まれて

中にはミルクを拒否し続けて、亡くなった赤ちゃんや

大人になってから自殺をしてしまった人もいるそうです。

 

大人だって、無視されたら

とても嫌な気持ちになりますよね…

振り向いて欲しいという欲求が生まれて

それに気づいてもらえないと、悲しくなって

悲しみがやがて怒りになって

それでもアクションがないと諦めてしまう。

赤ちゃんも大人と全く同じ心理状態になるんです。

 

少しで気になることがあれば相談しましょう

手のかからない静かな赤ちゃんは、

もしかしたら、心に深い傷をおって

悲しみでいっぱいなのかもしれません。

ただ静かなだけではなく、

目と目を合わせない

あやしても笑わない

など気になることがあったときは

専門家に相談することをおすすめします。

 

どうすれば赤ちゃんに愛情が伝わるんだろう

では、どうすれば赤ちゃんに愛情が伝わるのか

気になりますよね。

それは、

いっぱい抱っこをしてあげることです(^^)

抱き癖がつくなど言われがちですが、

今はそんなことはないという意見が

たくさん増えてきていて

抱っここそ愛情を伝えるのに

いちばんの手段だと言われています。

赤ちゃんの時はもちろん、

少し大きくなってからも

「もういいよ、やめて」

と、子供が恥ずかしがるくらい長く

ぎゅっと抱きしめてあげてくださいね♥

ママのぬくもりが嫌いな子供は100%いません!

お出かけの時もベビーカーばかりではなくて、

抱っこやおんぶで密着してあげる

それだけで、赤ちゃんは満たされるんです。

 

でもそんなに一緒にいられないとしたら

ここまで読んでいただくと、

「じゃあ少しの時間も泣かせちゃいけないの?

家事なんてますますできない(*_*)」

と、思った方もいると思います。

少しでも泣かせちゃダメということはありません。

重要なのは、声をかけてあげることです。

あなたの存在をちゃんと感じているよ!

ママはここにいるよ、大丈夫!

と、声をかけながら

赤ちゃんに知らせてあげることで

赤ちゃんを多少泣かせていても

サイレントベビーになることはありません。

 

例えば、料理中なら

「今、パパのご飯作ってるからね~ちょっと待っててねぇ」

と、笑顔で声かけしてあげましょう。

そして、終わったら

「ありがとう!すごいすごい!」

と、思いっきりほめて

抱きしめてあげてください!!

赤ちゃんはママの真剣な思いを

きちんと受け取ってくれるはずです!

 

私も後追いをし出した息子に

「ママ、今からおトイレだから

ちょっと待っててね!」

と、真剣に言い聞かせています(笑)

戻ってきたら、大袈裟に誉めてあげて

ぎゅーっと抱きしめてあげます。

息子とのコミュニケーションが

私の癒しになっているので

これからも続けたいと思っています♪

 

家事と育児、そしてお仕事をされている方はお仕事と

ママたちは忙しくてなかなか心のゆとりが持てませんよね(>_<)

そんな中、大きな声で泣かれると

ノイローゼになってしまいそうですよね。

私も泣き止まない息子を目の前に

一緒になってただひたすら泣いていたこともありました。

でも、お子さんはお子さんのできる唯一の方法で

あなたに何かを伝えたがっています。

懲りずに付き合ってあげれば

きっといつか、親子の絆の強さを感じられる日がやってきます!

お互いにそんな日を楽しみに育児を頑張りましょう!

 

今日はサイレントベビーについて

私の意見も含めて書いてみました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします。
 
 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ