あなたは夜の授乳に悩んでいませんか?~解決するためのとっておきの方法~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク



こんにちは♪

前回は子どもの習い事ランキングをご紹介しました(^ω^) →こちらです。

いかがでしたか?

お子さんがある程度大きくなったら

習い事をさせるかさせないかを悩む時期は

誰もが直面するのではないかと思います。

 

習わせたいものの教室が近所にあるのか、

また逆に、近所にどんな教室があるのかを

早いうちから情報収集しておくといいかもしれませんね♪

 

今回は、

「おすすめの本の紹介」

をしようと思います♪

 

赤ちゃんの睡眠についてとってもためになるママのための本

夜の授乳に悩んでいませんか?

今回おすすめする本はこちらです。

↓ ↓ ↓

シアーズ博士夫妻のベビースリープブック

 

タイトルの通り、赤ちゃんの睡眠について書かれている本です。

私がこの本を手にとったのは

あることがきっかけでした。

 

学生時代の1学年上の先輩が近所に住んでいて、

ママとしても先輩なため、月に何度か会っています。

ところが、先輩が2人目を妊娠中に体調を崩してしまったことなどで

半年ほど会わない期間がありました。

 

久しぶりに会った時に

生後7ヶ月になった息子を見て

「うちの娘は8ヶ月の頃には夜の授乳は卒業してたよ~」

と、アドバイスをくれたんです。

 

息子はそろそろ8ヶ月になろうとしていますが、

おっぱいが大好きで、

夜中も何度も目を覚まして授乳しないと寝付きません。

私はそれが慣れっこになっていたので、

先輩に言われるまでは

夜の授乳に関して特に何も考えていなかったのですが、

「夜は卒乳させなくちゃいけないのかな…」

と、考えるようになりました。

でも、夜中に大きな声で泣く息子を見ていると

かわいそうで授乳してしまい、

「私が甘いから卒乳できないのかな」

と、落ち込んだこともありました。

 

育児は比べるものではないとわかっていても、

先輩のお子さんや、友達の子ども数人も

夜の授乳なしでぐっすり寝てくれるという話を聞いては

私と息子の何がいけないんだろうと

結構真剣に考えこんでしまったのです。

 

そんなときに出会ったのが、

この『シアーズ博士夫婦のベビースリープブック』

でした。

 

著書のシアーズ博士とは?

シアーズ博士はアメリカで有名な小児科医で、30年以上のキャリアをもち

多くの子どもたちとその両親の相談に乗ってきた先生です。

奥さんであるマーサ夫人は、看護師として働いた後、

現在は出産、母乳、育児のコンサルタントとして

シアーズ博士のサポートをされているそうです。

 

お二人は、5男2女の親でもあり

ご自身の実体験も踏まえて

この本を書いてくださっています。

とても大きく分厚い本なので、

最後まで読みきれるか不安だったのですが、

わかりやすく、的確な内容で

読み初めてすぐに不思議と心がほっとして

どんどん読み進めていくことができました。

 

ネントレって聞いたことありますか?

最近は『ネントレ』といって、

赤ちゃんがひとりで夜中に起きることなく

ぐっすり眠れるようにするトレーニングが流行っていますよね。

確かに、夜中の授乳は

睡眠が妨げられてできることなら避けたいものですよね。

私も、息子にぐっすり眠ってもらって

夫婦の時間や自分の自由な時間が欲しい

と何度も思いました。

 

お子さんが夜起きてしまうことをマイナスに捉えていませんか?

あなたも、夜中にお子さんが起きてしまうことを

マイナスに捉えていませんか?

ところが、この本を読むと

「夜中の授乳=悪いこと」

と思い込んでいた価値観が

ガラッと変わりますよ!

 

流行りのネントレですが、お子さんの発達に影響が出るかもしれません。

また、ネントレでは

赤ちゃんが泣きつかれるまで放っておいて、

ひとりで寝付けるようになるのを待つやり方が主流ですが、

それでは赤ちゃんを孤独にするだけで、

精神的にも肉体的にも後になって

発達に問題が出るという研究結果が出ていると

本の中にありました。

 

私もこの本を読まず、巷で溢れている噂に流されていたら

息子を泣かせ続けて、孤独感を与えてしまうやり方で

ネントレをしていたかもしれません!!

そうなる前にこの本に出会えてよかったと心から思います♪

 

他の赤ちゃんと比べずに子供のペースに合わせることがポイント

読み終えた現在は、

息子に対して

「どうぞ、好きなだけ起きて好きなだけおっぱい飲んでね♥」

という気持ちでいます。

そんな気持ちになれる理由が

たっくさん書いてあるので、

夜の寝かしつけに悩んでるあなたは

是非一度読んでみてください☆

 

決してネントレ自体を否定する本ではありませんよ。

ひとりひとりに合ったやり方で、

いつかひとりで寝られる日に向けて

焦らず子どもと向き合っていこうというのが

シアーズ博士夫婦のやり方です。

私はそこにとても共感しました。

いつか、息子がひとりで眠れるようになったとき

きっと今感じている温もりや少しの面倒くさささえ

思い出に変わるのだと思うと

今のうちはいっぱい甘えさせてあげたいと思います(^^)

 

息子に合ったやり方で私も無理することなく

夜中の授乳に付き合いますよ、息子さん♪

 

今回は本の紹介をさせて頂きました。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

次回もよろしくお願いします。

 
 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめの絵本


おさかなちゃんのばいば~い
レビュー

おすすめの育児本


最強母乳外来
レビュー



最強母乳外来 実践編
レビュー



シアーズ博士夫妻のベビースリープ
レビュー

オススメのブログ♪

こちらをクリック
↓ ↓ ↓

子育ての合間にお金を稼ぐヒントが見つかりますよ♪

このページの先頭へ