誰でも可能性のある二人目不妊を知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク




こんにちは♪

昨日は「帝王切開と2人目」をテーマに書きました。→こちらです。

 

いかがでしたか?

 

2人目を妊娠するときのリスクや

VBACという出産方法についてや、

何人まで帝王切開で出産可能なのかなど

一度帝王切開で出産したママなら

気になることを盛り込んでみました!

 

もし、更に詳しく知りたいことがありましたら

それをテーマに細かいことも書きたいと思っているので、

ぜひ気軽にコメントしてくださいね(^^)

 

今回は前回に続いて、

2人目の出産について書こうと思っているのですが、

内容はガラッと変えてみました。

 

今回のテーマは、

 

「2人目不妊」がテーマです。

さっそく見ていきましょう!

 

不妊について

不妊の定義って知っていますか?

不妊という言葉は最近よく耳にしますよね。

不妊とは簡単にいうと

「赤ちゃんが欲しいのになかなか授からない」

状態のことをいいます。

日本婦人科学会が発表した

不妊の定義では、

「夫婦が妊娠を望んで避妊をしていないのに1年以上授からない」

状態を不妊としているようです。

 

不妊は出産経験のある人は関係ないの?

すでに1人出産しているママには

関係のない話のように思えますすが、

実は最近になって、1人目はなんの問題もなく授かったのに

2人目がなかなかできない

『2人目不妊』のママが増えているんです。

不妊はとてもデリケートなテーマで

友人はもちろん、家族に相談することも

気が引けてしまって

1人で抱え込んでしまうママも多いと思います。

 

なかなか人に話せないことも

ネット上でしたら、相談できたり

意見を言えたりできますよね。

私は2人目不妊との診断をされているわけではありませんが、

ブログを通して情報を提供する立場として

どうか1人で悩まないで欲しいと思っています!

 

そして、

私のようにこれから2人目をのぞむあなたも

他人事だとは思わず、私と一緒に勉強してみませんか?

 

二人目不妊の大きな原因とは?

まず、2人目不妊の原因は大きくわけめ4つあります。

 

その1 《1人目の妊娠、出産でトラブルがあった場合》

主に出産時のトラブルが影響します。

出血の量が多い、胎盤がはがれなかったなどのトラブルや

感染症にかかったり、産後に発熱して回復に時間がかかった場合は

注意が必要です(>_<)

 

その2 《もともと不妊の傾向があった場合》

本当は不妊となる原因をもっていたのに、

1人目はたまたま授かったけれど、

2人目からはその原因によって妊娠しにくくなっていることがあります。

 

その3 《加齢による場合》

初産の平均年齢があがっている今、

高齢出産である35歳をすぎてから

2人目の妊娠をのぞむ場合も少なくありません。

年齢を重ねるほど、妊娠の確立はさがるので

妊娠できにくい原因になることもあります。

 

その4 《1人目の育児によるストレスやホルモンのバランスが崩れている場合》

赤ちゃんを1人育てるのは

とても体力と気力がいりますよね。

2人目をのぞんでいても

1人目のお世話に疲れていたり、

授乳によるホルモンの変化などで

妊娠しにくい状態になっていることもあります。

 

以上が大まかな原因です。

 

ただ、女性だけでなく、男性側に原因がある場合も多くあります。

授乳期間を終えて、避妊をせず夫婦生活をして

1年以上妊娠しない場合は

2人目不妊の可能性もあります。

 

不妊と聞くとおどおどしてしまいがちですが、

本当にそうなのか、他に病気などがないのか

原因をはっきりさせて

次の妊娠へ気持ちを切り替えるためにも

病院に行って検査をすることで

気持ちがすっきりするかもしれませんね。

 

病院での検査内容は血液検査や超音波検査をして

妊娠できない原因を細かく調べてもらえます。

旦那さんも検査をうけることで

より詳しいことがわかるので、

協力をお願いできるといいと思います。

 

最後に、2人目の妊娠に向けて

心がけておきたいことを紹介しますね。

 

2人目の妊娠に向けて心がけたいこと

《基礎体温をつける》

《葉酸サプリをとる》

《排卵日検査薬をつかう》

など、妊娠のためにできることは沢山ありますが

2人目を妊娠したいママは

特にこれを意識してみてください。

 

《ストレスをためない!》

 

このことが一番大事なことです。

 

1人目の子育て真っ只中の私ですが、

最近は減ってきたものの

何をしても泣き止まないときや

ぐずぐずして何もできないとき、

さらに夜なかなか寝てくれないときなど、

育児の大変さを思い知ることが

これまでにたーーくさんありました…。

 

その思いを旦那が理解してくれないと

イライラは更に増えて

八つ当たりしたり、落ち込んだり

自分がとっても嫌になることもあります。

そのストレスって、妊娠に関係すると思いませんか?

 

イライラして泣いているママのところに

赤ちゃんは来たがらないですよね。

私が赤ちゃんだったら

家族仲良しでにこにこしているママを選びたいです!

 

ママがストレスをためないためにも

パパと連携しながら

1人目の赤ちゃんと楽しく毎日を過ごす♪

 

そうすることで、

2人目を意識しすぎず

自然と妊娠に向かうことができるのかもしれませんよね!

実際に直面した人にしかわからないことは、

計り知れないくらいあると思います。

 

まだまだ新米ママの私が言えることではありませんが、

私も流産後、妊娠を強く望んでも

なかなか思うようにいかなくて苦しい時期がありました。

無事に妊娠、出産した今なら

思い詰めないことがどれだけ大切なのかわかります。

不妊という言葉にとらわれすぎず、

赤ちゃんが来てくれることを信じて

前向きに待つことができれば、

素敵な出会いが待っているんじゃないかと思うんです!!

 

私もまだ見ぬ我が子の存在を楽しみに

今からできることをして

ゆったりとした気持ちで待っていようと思います(^^)

今回はちょっと重たいテーマでしたが、

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

次回もよろしくお願いします。
 
 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

オススメのブログ♪

こちらをクリック
↓ ↓ ↓

子育ての合間にお金を稼ぐヒントが見つかりますよ♪

このページの先頭へ