赤ちゃんの運動能力は凄い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク



こんにちは♪

前回、前々回と「流産」について書いてきました。

↓ ↓ ↓

その①

その②

 

いかがでしたか?

 

流産は誰にでも起きる可能性があります。

知識を身につけておくだけでも

いざというときに焦らなくて済むし、

赤ちゃんの命が助かるかもしれません。

 

 

今回は、

「赤ちゃんの運動能力の発達」

について書きたいと思います(*^^*)

 

産まれたばかりの頃は寝てばかりの赤ちゃんですが、

大人が驚くほどのペースで

次から次へとできることが増えていきます。

 

その中でも、運動能力の発達

赤ちゃんの成長の大きな目安になります。

 

赤ちゃんは、首から腰、そして足へと

上から順に発達していきます(^^)

それぞれ、いつ頃に発達が見られるのか

どんな変化があるのかを見ていきましょう!

 

赤ちゃんの運動能力の発達について

赤ちゃんはどんな順番で運動能力が発達していくの?

★首すわり…3ヶ月~5ヶ月

早い赤ちゃんだと3ヶ月くらいから首がすわり始めます。

だいたい4ヶ月、5ヶ月の間に

できるようになっていれば問題ありませんよ(^-^)/

 

首がすわったか判断する方法は

1、うつぶせに寝かせると頭を持ち上げる

2、赤ちゃんを仰向けにして両手を引っ張ると頭がついてくる

3、縦抱きにして体を傾けると首をまっすぐに保てる

の3つです!

 

首がすわると縦抱っこができるようになるので、

抱っこがとても楽になりますよ♪

 

★寝返り…4ヶ月~6ヶ月

首から始まった発達が、腕や腰までおりてくると寝返りを始めます♪

ある日突然始まるので、ママはびっくりしてしまうこともあると思います!

赤ちゃんの寝返りは、

まず腰をひねって足をぐいっと寝返りしたい方へもっていきます。

そして、足→腰→腕→上半身の順で

ぐるっと寝返ります。

 

うつぶせになれても腕が抜けずにじたばたしたり

その様子がおしりをふりふりしているように見えて

とっても可愛いですよ♥

 

寝返りができるようになると、うつぶせ寝が好きな赤ちゃんも出てきます。

うつぶせ寝は窒息などの危険が高いので、

特に夜は注意をして見てあげてください!

 

★ひとりすわり…6ヶ月~8ヶ月

腰がさらにしっかりすわってくると、

支えなしで座れるようになります。

赤ちゃんは頭が重いので、最初のうちはぐらぐら不安定で

すぐ後ろに倒れてしまいます(((^_^;)

必ずママが近くで見ていてあげてください!

柔らかいマットを敷いておくのもいいですね(^^)

 

座り始めは、両手を前についてバランスをとりますが

段々と手を離してすわれるようになります。

そうするとすわっておもちゃで遊べるようになるので、

ますます遊びの幅が広がりますし、遊びに夢中になって

ひとりで遊んでいられる時間も増えます!

 

私は息子がおすわりできるようになったことで、

育児がぐんと楽になったように感じました☆

 

★はいはい…7ヶ月~10ヶ月

おすわりで遊んでいると、おもちゃが前に転がって

それを取ろうと体を前に倒すような姿勢をとります。

そこからはいはいに繋がっていきます(^_^)v

足まで発達してきた証拠ですね!

この発達によって、それまで両足を同時にしか動かせなかった赤ちゃんが

交互に動かせるようになります。

 

はいはい嫌いな赤ちゃんもいて

なかなかしようとしない赤ちゃんにヤキモキしたりしますが、

発達が進めば自然と赤ちゃんがはいはいし始めるので

見守っていてあげましょうね!

 

四つんばいのはいはいが始まるまでに、

ほふく前進のような「ずりばい」や

すわった姿勢のままお尻で移動する赤ちゃんもいます(^^)

可愛いですね♥

 

★つかまり立ち…8ヶ月~10ヶ月

はいはいで腕と足の力がついてくると

ちょうどいい高さのテーブルなどにつかまって、

つかまり立ちをし始めます。

 

だいたいつかまり立ちの前にはいはいをしますが、

中には、はいはいを少ししただけでつかまり立ちを始めたり

はいはいをする前につかまり立ちをしてしまう赤ちゃんもいます( ゚Д゚)

息子もはいはいというか、うつぶせの姿勢が嫌いで

先につかまり立ちをしています!

この時は、テーブルの上に危険なものを置かないように注意しましょう。

 

★つたい歩き…10ヶ月~1歳

つかまり立ちがなかなか様になってくると、

今度はカニのように横に移動する

つたい歩きが始まります。

 

最初のうちは足を持ち上げられずに

ずりずり移動する感じですが、

だんだんとコツをつかんで

バランスをとりながら大きく一歩を出して

ゆっくりゆっくり進み始めます。

 

しっかり足の裏を離して進めるようになると、

ひとり歩きをする準備が整った合図です!

この頃には、ファーストシューズを買ってあげたいものです(*^^*)

ファーストシューズについて書いた記事があるので

読んでみてください!→こちらです。

 

★ひとり歩き…11ヶ月~1歳4ヶ月

ひとりで歩くことは、赤ちゃんにとってとても勇気のいることです。

好奇心旺盛な赤ちゃんほど歩きはじめるのが早く、

のんびり屋の赤ちゃんほどはじめるのがゆっくりな傾向があります。

早く歩けばいいというものでもないので、

赤ちゃんのペースを守って

応援してあげましょうね!

 

以上が赤ちゃんの運動能力の発達の順番です。

 

赤ちゃんの発達は本当に個性的です。

同じ時期に産まれた赤ちゃんが、自分の赤ちゃんよりも

早く色々なことができるようになっていると

ついつい不安になってしまいがちですが、

赤ちゃんの性格や体型によって様々です。

 

体重が軽めで身軽な赤ちゃんほど

早くできるような印象があります!

 

実際子供を持ってみると

赤ちゃんの成長は想像以上に嬉しいものです。

ひとつひとつの成長を見逃さず

たくさんほめてあげましょう♪

 

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました‼

次回もよろしくお願いします。
 
 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

オススメのブログ♪

こちらをクリック
↓ ↓ ↓

子育ての合間にお金を稼ぐヒントが見つかりますよ♪

このページの先頭へ