子供が愛着障害にならないために気をつけること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 


スポンサードリンク


 

こんにちは♪

前回のテーマは

「赤ちゃんの風邪予防」でした。

こちらです。

 

いかがでしたか?

 

大事な大事なお子さんを

風邪から守ってあげられるのは

いつも一緒にいるママだけです!

 

我が家も加湿器を購入し、

フル活動させています☆

 

ますます寒くなっていく季節なのですが、

健康に過ごしたいものですね(*^^*)

 

 

今回は、

子供が愛着障害にならないために気をつけること

という内容でお伝えしていきます。

 

本文中では、

久しぶりに

本の紹介をしていこうと思います!

 

それでは早速始めていきたいと思います!

 

 

子供が愛着障害にならないために気をつけること

本屋さんで、表紙が気になって手に取ったある本

今回ご紹介する本は…

愛着障害 子ども時代を引きずる人々

という本です。

 

 

何やら重苦しい題名ですが、

 

本の表紙にある

いっぱい、だっこしてあげてください。

お子さんの幸せのために…

という言葉に引かれて

本屋さんで手に取りました。

 

もともと本は好きで

よく読む方なんですが、

出産してからは

絵本や簡単な本ばかり読んでいたので

久しぶりにたくさん文字を読みました(^-^;

 

育児中は、

自分の時間をとるだけで

精一杯ですが、

その時間を割いてまでも

読んで無駄じゃなかったなと

感じました。

 

愛着障害について

愛着障害ってなに?

大まかなテーマは、

タイトルにあるように

「愛着障害」についてです。

 

愛着障害とは、

幼い頃に何かしらの原因によって

保護者との安定した

愛着関係(愛情を深める行為)が

絶たれてしまったことで起きる障害です。

 

大人になってから、

うつや依存症を発症してしまったり

病気にならなくとも

●何事にも消極的で自信がない

●不安感が大きい

●他人と安定した関係を築けない

など、

 

生きていくのが難しく感じる

心の習慣がついてしまうそうです。

 

愛着障害を防ぐためにはどうすればいい?

愛情障害にならないためには、

母親との関わりがとても重要です。

 

お母さんが、

子どもをたくさん抱きしめ、

安心感を与えてあげることで、

何かあっても帰ってくる場所

があるという自信を

子供に持たせてあげることが必要です。

 

だから、

「たくさんだっこしてあげてください。」

ということなんです。

 

私が息子との接し方で意識していること

息子の場合は、

どちらかというと

手のかかる子です。

というか欲求が多い子です(笑)

 

産まれてからしばらくは、

本当によく泣いたし

ひとりで遊ぶのが嫌いで、

下におろすとぐずるのは

ずっと変わらず、

今では私の目を見て

両手を広げてだっこをせがみます。

だから何もできません(笑)

 

人見知りも激しくて

私以外の人に抱かれると

大泣きするし、

知らない場所も苦手で

絶対に下におりて

遊ぼうとしてくれません。

 

ベッドでひとりで寝ないし、

暇さえあれば、

おっぱいを飲みたがるし(^-^;

なかなか手がかかるけど、

私は、それを悪いことだとは

思っていません。

 

息子が私に何かを訴えて

泣いてる目には、

我ながら「信頼」があるように

感じるんです。

 

「ママならどうにかしてくれる」

という思いが、

息子から伝わってきて

「よっしゃー、それならしょうがない!」

と息子のために動く毎日です!

 

私の思い込みかもしれませんが(-_-;)

 

でも、

とにかく息子が望むことを

せっせとしています。

 

母から教わった子供の接し方の重要なポイント

私はとにかく息子が望むことに

出来るだけ応えてあげたいと

意識していますが、

その姿勢は私の母から教わりました。

 

里帰り出産をして

面倒を見てもらっていたとき、

母はよく泣く息子を目の前にして

文句ひとつ言わず、

 

「おむつかな?おっぱいかな?

暑いのかな?

眠くてどうしたらいいのか

わからないのかな?」

 

と大泣きする息子をだっこしながら

ひとつひとつ原因を探って

真剣に向き合っていました。

 

私は産後で疲れていて、

正直息子が泣いていると

放っておきたい気分にもなりましたが、

母が泣いてる息子をつれてきて

とにかくだっこしてあげて」と、

よく私の腕に息子をだかせてくれました。


スポンサードリンク
 

愛着が安定するために大切なこと

最近では、

「泣いていても

ちょっとくらい放っていても大丈夫」

とか、

「あんまり構うと

甘やかしすぎで自立しない」

という育児方針も目立ちますが、

私の母は、愛着障害のことを

知ってか知らずか

「1にだっこ、2にだっこ」

といった感じで、

「とにかく息子の欲求に

答えるように教えてくれました。」

 

そのおかげか、

どんなに泣いていても

私がだっこすると、

泣き止んでくれるようになりましたし、

先ほど書いたように、

強い信頼関係ができたように感じます。

 

本の中で

「子どもが泣くと、

すぐに抱っこする母親の場合、

子どもとの愛着が安定しやすいが、

放っておいても平気な母親では、

不安定な愛着になりやすい。」

とありました。

 

ここを読んで、

本当に母に感謝しましたし、

誰がなんと言おうと、

物心がつくまでは、

我慢させず、

泣いたらすぐに

抱きしめてあげようと

改めて思いました。

 

些細なことが愛情障害の原因になってしまいます

また、

愛着障害をかかえやすい

理由のひとつとして、

愛情不足以外に

複数の養育者が交代で関わる

こともあるそうです。

 

同居する祖父母や親戚が

可愛がってくれるからといって、

母親があまり可愛がらない場合でも

愛着障害が起きやすいらしいです。

 

やっぱりお母さんからの愛情が一番

これは、

多くの人に愛されたからといって

それで愛着関係が

満たされるのではなく、

特定の人物、

赤ちゃんにとってはママという

特別に選ばれた人との関係が

大きいんだそうです!

 

なんだか、

ママとしての特別感に

嬉しくなりますね♪

 

本の最後には、

愛着障害の克服の仕方も載っているので、

お子さんに対してだけでなく、

あなた自身が

愛着障害を感じている場合も

読んでいて気持ちが

楽になる本だと思います。

 

今後の子育てに大きく関わる1冊を

今のうちに読めてよかったと思うので、

あなたもぜひ読んでみてください!

 

今回はここまでです。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました(^^)v

 

次回もよろしくお願いします。

 

ブログランキング参加中です♪

応援クリックよろしくお願いします♪

現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめの絵本


おさかなちゃんのばいば~い
レビュー

おすすめの育児本


最強母乳外来
レビュー



最強母乳外来 実践編
レビュー



シアーズ博士夫妻のベビースリープ
レビュー

このページの先頭へ