生まれた季節によって赤ちゃんの性格は変わる?!~冬生まれの赤ちゃん~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク





 

こんにちは♪

今まで3回連続で「産まれた季節」についての

ブログを書いてきましたが、今日で最終回となります!

前回までのブログは下から確認できます。

春産まれについて→こちらです。

夏産まれについて→こちらです。

秋産まれについて→こちらです。

 

それぞれの季節に出産することや産まれることの

メリット、デメリットに加えて

産まれた季節によってどんな性格になるのかを

まとめています!

 

今回はいよいよ、冬産まれについてです。

さっそく見ていきましょう♪

 

冬生まれの赤ちゃんについて

冬生まれのメリットは?

冬産まれのメリットですが、

もし出産が年末年始にあたりそうな場合は

旦那さんのお仕事がお休みであることが多く

立ち会い出産を希望される場合や

入退院の際の予定が立てやすいこともあります!

 

また、これは大人の事情ですが

出産には何かとお金がかかりますが、

冬はボーナスの時期なので助かった~

という意見もあります!

またまた、更にお金絡みですが

年末産まれだと年末調整の還付金で

お得に感じられることもあるかもしれません(*´ー`*)

 

冬生まれのデメリットは?

デメリットですが、

やっぱり寒さですね((( ;゚Д゚)))

湯船に浸かりたくなりますし、

夜中の授乳の寒さに震えたり

ミルクのママの場合は

ミルクをつくるのも

寒さに負けてしまいそうになりますね。

赤ちゃんの沐浴も寒そうで心配になります(涙)

 

真冬に臨月を迎えるママは、

検診のための外出が億劫に感じでしまいがちですし、

寒いからと動かないと運動不足になってしまうことも…

などなどほかの季節に比べて

デメリットは少し多い印象です(TT)

 

冬生まれの性格は?

冬産まれの性格は辛抱強く、慎重派だそうです!

寒い時期を耐え抜く感じが

冬産まれの性格に現れていますね。

 

私自信、冬産まれなのですが

当たってるなぁと思います!

特に、慎重派な所は大当たりで

石橋を叩いて割ってしまうタイプなので

もう少し冒険できる勇気が欲しいです~(+_+)

 

季節ごとの特徴のまとめ

さて、いよいよまとめですが

 

春産まれは、

気温的にお世話がしやすく

学年でみると、ほかの季節産まれの子よりも

できることが多くママとしては安心感があるかもしれません。

でも、これは最初のうちだけで

あとから確実に同じラインになってくるので、

そこばかり意識するのはあまりよくないですね!

またお出かけできる時期が真夏なので

赤ちゃんの暑さ対策は気をつけてあげましょう(^^)

 

夏産まれは、

臨月が夏にあたると

ママ自信が暑さに負けてしまいそうになりますが

産後のシャワーや授乳に関しては

寒いよりは暑いほうが体力的に楽に感じると思います!

赤ちゃんもママも着るものにあまり気を使わずにいられるのも

夏産まれのいいところですね♪

お出かけする頃は秋のいい気候の時期なので、

ゆっくりお出かけできますよ!

 

秋産まれは、

春同様気温が快適で

お世話しやすい時期ですね(*^^*)

ただ、どんどん寒くなっていく時期なので

寒さ対策や乾燥対策を

赤ちゃんがお腹にいる間にすませておくと

いざとなってバタバタしないですみますね!

お出かけ時期は真冬になるので、

しっかり防寒したり室内でできる遊びを考えておきましょう!

 

大切なのは赤ちゃんが選んだ季節を受け入れること

これは、あくまでも参考程度で

どの時期に産まれても赤ちゃんのお世話は

大変だったり、楽しかったり

メリット、デメリットがそれぞれにあります!

産む時期を決めて妊娠しようとしても

うまくいかないことのほうが多いですし、

なんといっても赤ちゃんは授かり物です。

こちらが選ぶわけにはいきません!

 

赤ちゃんの選んだ季節に合わせて

メリットやデメリットを受け入れていきましょう☆

 

今回も最後までお読み頂きありがとうございました(*^O^*)

次回もよろしくお願いします。
 
 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ
 


スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

オススメのブログ♪

こちらをクリック
↓ ↓ ↓

子育ての合間にお金を稼ぐヒントが見つかりますよ♪

このページの先頭へ