塩素の思わぬ弊害を知って対策してみたら、その効果に感動しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは♪(^ω^)

前回は、「野菜の農薬」がテーマでした。→こちらです。

 

いかがでしたか?

 

農薬は私たちの体に

多くの影響を与えます。

農薬の影響で家族が体を壊してしまう前に、

今、できる限りの対策をしていきましょう!

 

 

今回のテーマは、

「水道水の塩素」です。

 

それでは早速始めていきたいと思います。

 

水道水の塩素について

塩素って実は無害?

水道水に塩素が含まれていることは

一般的に知られていますよね。

日本は世界の中でもかなり安心して

水を飲める国ですが、水道水の塩素が気になって

なんとなく水道水をそのまま飲むことに

抵抗があるという意見も多くあります。

 

では、そもそも水道水の中に含まれている塩素って

どういったものかご存知ですか?

 

水道水の元になる河川の水や地下水は

浄水場でろ過、殺菌、消毒されて、

水道水として私たちに供給されています。

 

この浄水場から出てくる水道水には、

各家庭に無菌状態で届けるために、

塩素が入っています。

 

実は、塩素自体は無害な薬品で

少量の使用なので問題はないといわれています。

塩素には残留性があり、

水道水に残っている塩素を「残留塩素」といいますが

この残留塩素は水道水の中に

むしろ無くてはいけないとされているんです。

 

水道の蛇口から出る水には

0.1ppm以上の塩素が含まれていなければならず、

水系感染症の流行時は

1.5ppm以上でなくてはならないという定めがあります。

 

大都市だと1.0~1.6ppm、

地方都市で0.4~1.0ppmも塩素が

測定されると言われてます。

ppm(ピーピーエム)とは

100万分の1の単位です。

水道水1リットル中に

1mgの塩素が入っていると1ppmとなります。

塩素が含まれていなければならないとは

かなり驚きですよね。

 

水道水が危険な本当の理由

 


スポンサードリンク





 
でも、水道水の危険性は

塩素そのものにあるのではなく、

塩素が「トリハロメタン」の元になるところにあるんです。

 

「トリハロメタン」という物質は、

浄水場で消毒のために使用される「塩素」

原水中の「有機物」が反応してできる 化合物の一種です。

 

浄水場で塩素を使って水を消毒するときに

必ず発生してしまいます。

 

トリハロメタンってなんだろう

トリハロメタンは、発がん性物質

大量に摂取すると、

中枢機能低下・肝臓障害・肝臓障害などを起こしますし、

痴呆・イライラ・疲労・無気力の原因にもなると言われています。

 

トリハロメタンが流産の可能性をアップさせる

最近では、トリハロメタンの含まれる水道水を毎日飲んでいると

流産率が15%もアップすることがわかりました。

塩素の多い日本の水には、

必然的にトリハロメタンも多くなります。

逆に言えばトリハロメタンの発生を防ぐには

塩素を少なくしなければなりません。

 

日本の規制がトリハロメタンを増やす原因になってる

しかし、問題は先ほど書いた

「0.1ppm以上の塩素が含まれていなければならない」

という決まりです。

 

0.1ppm「以上」ということですが、

これは0.1ppm 以上であれば

いくら塩素が濃くてもよいことを意味しています。

これでは「どうぞ、どんどんトリハロメタンを摂取してください♪」

といってるようなものです。

 

ちなみにヨーロッパなどでは原水が綺麗な為、

塩素の注入がされていても

0.1ppm以下で測定されているそうです。

 

日本と比べると圧倒的に少ないのがわかりますね。

それに、いくら塩素そのものは

水道水に必要で安全なものとはいえ、

わずか0.1ppmで菌を完璧に殺すことができる薬品なので、

多量に摂取していいわけはないんです。

 

塩素濃度が高いと様々な影響が出ます

アメリカの研究では、

塩素に触れたり、吸ったりした場合、

皮膚やのどの粘膜から水分を

奪うことが報告されています。

 

例えば、

プールで泳いだ後は

髪の毛はキシキシするし、

皮膚はかさかさしてドライスキンになりますよね?

 

あれはプールの塩素が原因です。

塩素の濃度が濃いほど影響は強くなります。

さらに塩素は呼吸器の粘膜を傷つけ、

喘息等の呼吸器疾患を悪化させることもあります。

その他にも血管障害を引き起こし、

心臓病や脳卒中の原因になるとも言われていますし、

アレルギー疾患そのものとの関連も

取りざたされているのです。

 

安全だといわれている塩素そのものにも

こんなに危険が潜んでいるなんて、

どうなってるの( ゚Д゚)?

って感じがしますよね。

 

そして、その塩素が

トリハロメタンの原因にもなるのですから、

さらに恐怖を感じます。

 

塩素を抜く方法はありますが、注意が必要

自分で塩素を抜く方法として、

「水道水を沸騰させる」という方法が

昔から有名です。

 

確かに沸騰させることで

塩素を抜くことは可能です。

カルキ臭さが抜けて飲みやすくなりますよね。

でも!

塩素が抜けるからといって

沸騰させてしまうと、

逆に増えてしまうものがあるんです。

それは…

「トリハロメタン」です。

うそ~(^_^;)

それじゃ意味ないじゃん!!

って言いたくなります(笑)

トリハロメタンは、熱によって増加する

性質を持っていて、沸騰させたばかりのだと

通常の3倍くらいまで増えてしまいます。

 

 

でも安心してください!

 

この場合、長時間沸騰させることでトリハロメタンは減少します。

水道水を沸騰させて飲む場合は、

15分以上沸騰させてから飲むようにすると安心です。

 

とはいえ、水を飲むために

15分沸騰させて、それを冷まして…

なんてやっていたら、とても面倒ですよね。

 

他に効果的な方法はないの?

誰だってもっと手軽な方法はないのかな

と思いますね。

 

そのために、現在人気なのが「浄水器」です。

浄水器を蛇口に取り付けることで

水道水に含まれる残留塩素やトリハロメタンを

減少させたり除去してくれます。

 

これによって、わざわざ沸騰させなくても

蛇口をひねれば安全でおいしい水が飲めるようになります。

 

家庭で一番お水を使うところはどこだと思いますか?

でも、私たちの生活の中で

水道水を使うのは飲食のためだけではありませんよね?

 

飲料用の水道水に浄水器をつけている家庭は多いと思います。

 

実は、家の中には

飲料用よりももっとよく水道水を使うところがあります。

 

 

どこだかわかりますか?

 

 

 

 

それは・・・、

 

 

 

「お風呂です!」

 

 

もう一度いいます!

 

それは、

「お風呂なんです!」

 

お風呂での塩素摂取量は想像を超える

1986年の米国化学学会では、シャワーを浴びたり

お風呂に入ったときの塩素の摂取量は

水道水を飲んだ場合の6~100倍だと発表されました。

 

塩素は25℃でガス化してしまうくらい

気化しやすいため、シャワーの水の温度で

気化した塩素を狭いお風呂の中で吸い込むから

だと考えられます。

 

それに、大量の塩素で消毒された水道水は、

古くなって錆び付いた不潔な水道管を通って出てきます。

 

これがガスで熱せられ、トリハロメタンが増加したお湯が

あなたのお風呂の蛇口やシャワーから流れてくるんです。

 

シャワーを15分浴びると、

水道水を2リットル飲んだのと同じ量の水が

体に吸収されるといわれているので

これでは安心してお風呂に入ることができません。

 

飲水だけ気にしても全く意味が無い

 


スポンサードリンク





 
つまり、飲み水や料理に使う水だけを

浄水器できれいにしたところで、

塩素やトリハロメタンの危険からは

そう簡単に逃れられないのです…

 

以上の理由から、

我が家ではお風呂にも浄水器が必要だという

結論に至りました。

 

お風呂の浄水器を選ぶ上でのポイント

我が家が購入したのは

こちらです。

↓ ↓ ↓

 

お風呂用の浄水器をいろいろと見てみると、

10万円以上したりとかなり高価なものばかりで

『手が出せない!』

と予想していたよりも高くて、

「絶対あったほうが良いけど、でもどうしよう」

と迷っていました。

 

ただ、色々他にも知らべてみると、

お手軽なものがあって、

レビューを見たりしていると、

こちらの商品が、

一番コストパフォーマンスが良かったんですね

さらに「NSF認証」にも適合していたので、

使ってみることにしました。

 

「NSF認証」というのは

なかなか馴染みのないものですが、

浄水器を選ぶ条件として

欠かせないのが「NSF認証」です。

NSFとは浄水器の世界基準です。

各国の公衆衛生や環境に関連した製品や

システムの規格を定め試験を実施しています。

 

さらに、

フィルターの交換時期が、

1日80L使用の場合 約40ヶ月

というコストパフォーマンスが良いので、

湯船にもたっぷりとお湯をはれて

日本人の習慣に合っています。

 

我が家は息子が産まれるまでは、

冬でもシャワーは派で滅多に湯船には浸かりませんでした。

でも、息子と一緒にお風呂に入るため

ほぼ毎日湯船にお湯を張るようになったので

ここはなかなか大きなポイントでした。

 

実際に使ってみた効果は?

 


スポンサードリンク



 
この浄水器をつけて、一番実感したのは、

息子の肌荒れが良くなったことです。

息子は肌が弱く、背中やお尻が赤くざらざらしてしまうことが

多かったのですが、

浄水器をつけたシャワーのお湯で洗うようにしたら

3日くらいで赤みが引き始めました。

 

1週間たつ頃には、ザ!赤ちゃん☆

といった感じのぷりぷりお肌になっていました。

それから元に戻ることはなく、

今でもぷりぷりお肌を保っています。

 

息子本人もかゆがってぐずることがなくなって

快適に過ごせているみたいで

ママとしては一安心でした。

 

私自身はというと、育児が忙しく

お肌の手入れをしている暇がなかったので

肌荒れがひどかったんですが、

なんだか肌が生き返ったような気がしています。

 

主人にも「化粧品変えた?」と聞かれたぐらいで

女としてはうれしい限りです。

そんな主人も気にしていた乾燥が

それほど気にならなくなったようで

喜んでいました。

 

また、実家に泊まる機会があり

浄水器をつけていないお風呂に入ったときに

その効果をさらに実感しました。

息子の肌荒れが復活してきてしまったのです!

 

たった1日浄水器のついていないお風呂に

入っただけで肌荒れがぶり返すなんて

この時にあらためて浄水器の効果を感じました。

もちろん、次の日からは浄水器月のお風呂なので

ちゃんと直りましたよ(^^)

 

それを見ていた母も、お風呂用の浄水器に興味を持ち

父に相談しているようです(笑)

もちろん、キッチンや洗面所にも

ちゃんとつけています。

息子がこれからも肌荒れをしないように、

病気を引き起こしてしまわないように

気を使ってあげるのも

密かな親の喜びです。

 

また、もう少ししたら

第二子の妊娠も考えています。

トリハロメタンによる流産だけは

絶対に防ぎたいので

将来のわが子のためにも

浄水器生活を続けていきます!

 

前回の農薬と同じで、

危険を避けるために使用しているものが

危険を引き起こしてしまうという

矛盾がある、水道水の塩素ですが、

正しい知識を持って、対策に取り組んでいきましょう。

あなたの生活を見直すきっかけになればうれしいです。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いします。

ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ