妊活中のママが絶対に飲むべきちょっと話題の飲み物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは♪

前回のテーマは、「赤ちゃんと知育」でした!→こちらです。

 

いかがでしたか?

 

赤ちゃんの未来のために

簡単にできる知育を初めてみませんか?

ママもパパも一緒に遊べる知育おもちゃも

たくさんありますよ!

 

 

今回のテーマは、

「白湯」です。

 

ずいぶんシンプルなタイトルですが(笑)

ここ最近、白湯の人気が

じわじわ高まってきているのはご存知ですか?

 

子育て中の私たちは、白湯と聞くと

赤ちゃんの飲み物というイメージが強いですが、

今回のテーマの白湯は、

なんとママのためのものなんです!

 

そもそも白湯とは、

いったん沸騰させた湯を

ぬるく冷ましたものです。

 

赤ちゃん用にいうと「湯冷まし」です。

沸騰させることによりカルキなどの不純物がとび、

口当たりも柔らかくなります。

 

以前のブログで水道水を

沸騰させるときの注意点を書いたので、

それも読んでみてくださいね。

こちらの記事です。

こちらの記事も合わせて読むのがおすすめです♪

 

この白湯に女性に嬉しい効果が

たくさんあるって言ったら

あなたはどう思いますか?

 

ちょっと信じられないですよね。

だって、白湯って

言うなればお湯ですもんね(^^;

水を温めただけのものに

嬉しい効果があるなんて

なんだか疑ってしまうのも

無理はありません。

 

でもでもでも!

白湯には驚くべき効果が

いくつもあるんです!!

 

これからその驚くべき効果について

紹介していきます♪

 

それでは早速始めていきたいと思います!

 

白湯について

白湯の驚くべき効果について

 


スポンサードリンク




 

《ダイエット効果☆》

なんとも嬉しいダイエット効果が

白湯にあるなんて驚きです!

 

ダイエットのポイントといえば、

ズバリ「新陳代謝」を活発にすること

なのですが、

白湯を飲むと、

新陳代謝がアップします。

 

方法は、起床時と毎食時に

白湯を飲むだけ(^-^)/

なんとも簡単です!

 

白湯を飲んで体が温まると

血液やリンパの流れが良くなります。

そうすると、体内で滞っていた

余分な水分を尿として排出してくれます。

その結果、

尿量の増加とともに体重も減少します。

むくみにも効果がありますよ。

 

《便秘解消》

便秘もダイエットの大敵ですね!

便通がよくなるだけで、

1~2キロ体重が減るのは

よくある話です。

 

便秘にだって白湯が効いちゃうんです!

白湯を飲むことによって

眠っていた胃が刺激されます。

ただ、

冷たい水ではなくて、

暖かい白湯なので、

その刺激というのは程良いものです。

これが便秘の解消につながる

ポイントなんですね~!

 

《デトックス効果》

ダイエット効果と繋がりますが、

白湯を飲むことで

代謝が促進されるということは、

体にたまりやすい老廃物や

毒素も体外に排出されやすい

体になるということです。

 

朝は睡眠中に体内にたまった老廃物が

ゆっくりと排出される時間なので、

デトックスの面でも

朝起きたらすぐの一杯が重要です。

 

《冷え性改善》

内蔵が温まって代謝が良くなります。

それにともなって体温があがるので、

冷え性とお別れできることもあります!

 

《美肌効果》

白湯を飲んで代謝が上がると

お肌への効果も期待できます♪

 

お肌のターンオーバーを

正しく整えてくれるため、

くすみが解決できちゃうんです。

 

また乾燥肌にも効果的です!

乾燥肌は、体の水分不足が原因でおこります。

体重の約60%は水分です。

水分を保つことが

お肌にうるおいを持つ秘訣です。

そこで白湯なんです!

普通の水では体に負担をかけてしまいます。

以上が白湯の驚くべき効果です!

 

まとめると、

・ 燃焼効率がアップ

→ダイエットを成功させやすい体にしてくれます。

 

・ 代謝がよくなる

→便秘解消や美肌効果があります。

 

・腸内の老廃物を洗い流してくれる

→若返り・デトックス効果が期待できます。

 

・内臓を温める→内臓機能を活発にさせる

→冷え症改善になります。

 

ということですね!

 

まさに女性にぴったりの飲み物ですね。

白湯を飲むことの一番のポイントは、

「体を温める」ことです。

 

女性に冷え性が多いことは

前にも書きましたが、

寒さや冷えを感じるのは、

代謝低下が原因です。

 

これは、食べたものがエネルギーに

変わりにくくなっている状態です。

白湯を飲まず、体が冷えたままだと

さまざまな不調を

引き起こしてしまうかもしれませんよ!

「夏場でも足やお腹が冷たい」

「汗をかきにくい」

「冬はヒーターの前にいても、なかなか体が温まらない」

などといったことが、

あなたには当てはまりませんか?

大丈夫ですか?

 

冷えは万病のもとです。

20代~60代の女性に聞いた

「冷え性と関係があると感じる不調」

のアンケートの結果がそれを表しています。

アンケート結果ですが、

1位「肩こり、首のこり」…52.6%

2位「代謝がよくない」…46.0%

3位「寝付けない、眠りが浅い」…35.8%

4位「疲れやすい」…34.0%

5位「免疫力の低下」…31.5%

となっています。

 

この結果から見ても、

冷えを無視することはできませんね。

 

手先や足先の冷えを感じていなくても、

実は内蔵が冷えているなんてことも

考えられます。

 

それに、妊娠希望ならば

冷えは不妊の原因になります。

妊娠中の冷えはこれまでにも書いてきたように、

流産や早産のきっかけになってしまいますし、

産後の冷えもママの体の回復を遅めます。

 

このブログを読んでいるあなたにこそ、

冷えを感じていなくても

白湯で暖まって欲しいと思います!

 

そんな白湯ですが、

実は正しい作り方と飲み方があるんです。

これから正しい飲み方について紹介しますね(^^)

 

白湯の正しい作り方

 


スポンサードリンク



 

●用意するもの

☆やかん(ステンレスやガラス、陶器など。

沸騰し続けられるものであれば◎)

☆コップ

☆保温用ポット

 

①きれいな水をやかんに入れる

やかんに800ml~1L程度の水を入れます。

水は水道水でもミネラルウォーターでもOKです。

ただし、ミネラルウォーターを選ぶ場合は日本製のものにしましょう。

 

②やかんを火をかけ、沸騰させ続ける

水が沸騰したらやかんのフタをあけ、

少し火を弱めて10分ほど沸騰させ続けます。

火は、水面がボコボコいうくらいに調整しましょう。

空焚きにならないように注意してください。

また、必ず換気扇を回しましょう。

 

③沸かしきったら、完成!

沸かしきったら火を止め、完成です。

白湯はすぐに飲む用のコップと、

残りは保温用ポットに入れます。

白湯を作る時間がないときは、

沸かす量を少なめにしましょう。

すぐに沸くので、通常よりも時短になります。

この作り方は、赤ちゃんに飲ませるときにも

参考になりますね!

 

白湯の正しい飲み方

やけどしない程度の温度まで冷ましてから飲みます。

自分の体が冷えていると感じたら熱めのものを、

ほてっていると感じたらぬるめのものを飲みましょう。

ただし、冷やし過ぎはNGです。

だいたい50度程度まで冷やしたら

飲むようにしてください。

飲むときは、ズズズ…とすするようにして飲みます。

これを5~10分かけて飲みましょう。

飲む量は1杯150cc程度、

1日800mlが目安です。

 

飲み過ぎると、

腸内の必要な栄養まで洗い流してしまうため、

注意してください。

 

正しい作り方や飲み方があるなんて、

白湯の奥深さを感じますね!

 

白湯は芸能人も愛飲している人が多い

そうそう、流行に敏感な芸能人の間でも

白湯を愛飲している方が結構いるんですよ。

米倉涼子さんや、長澤まさみさん、

それに深田恭子さんはダイエットのために

白湯を飲み始めて、

5キロの減量に成功したそうです。

 

さらに、有名所ではローラさんと

マギーさんですね。

このお2人はさらに白湯を美味しく飲むために

レモンを入れてるようなんです。

 

ホットレモネードのような感覚で白湯を飲めるようで、

若い人たちの間でもかなり好評です。

こんな風に、白湯に何かを足して飲むことも

流行っています!

味や風味がついて飲みやすくなるだけでなく、

足すものの効果もプラスされて

より、効果的に白湯を飲むことができます!

 

白湯+レモン

 


スポンサードリンク

 
レモンといえば、ビタミンC!

あなたもレモンにたくさんの

ビタミンCがつまっていることは

知っていますよね。

レモンのビタミンCは、

にきびやシワを抑制し、若々しい肌を保つことができます。

レモンには「ペクチン」という成分も

含まれています。

ペクチンは整腸作用があり、

便秘や下痢などに効きます。

消化システムを支援し、胆汁を作り出す助けをします。

 

さらに、

レモンに含まれている「カルシウム」

妊婦さんが飲むと、

お腹の中の赤ちゃんの骨まで強くしてくれます。

レモン白湯は白湯の効果をさらに高めてくれるので、

憧れの痩せやすい(太りにくい)体質になれますよ!

 

ローラさんやマギーさんのような

モデルさんが実践してるだけありますね☆

 

作り方は耐熱カップに、

レモン1/2個(大さじ1杯)と

40~50度のお湯(沸騰後10分ほど)

180ccを入れてかき混ぜるだけです。

ポッカレモンでもかまいませんよ!

 

嬉しいことに、レモン白湯を1日2杯飲むと

レモンを丸々1個食するのと同じになるので、

これ以上レモンの優れた栄養素を取り入れながら

美味しく飲める飲み方は他に思い当たりません。

 

《白湯+生姜》

冷えには生姜が定番ですね!

生姜は血流を良くし、

エネルギー消費を増やして

代謝を上げる効果があります。

だから体がぽかぽかするんですね。

体温が1℃変わると

消費カロリーが200kcal~500kcal変わる

というデータもあります。

体を温めることはダイエットにも繋がります。

 

さらにさらに、

生姜にはタバコを吸いたくなる衝動を

抑える働きがあるそうです。

 

あなたやあなたのご家族は煙草を吸いますか?

 

赤ちゃんがいるけど、煙草をを吸っている場合、

「乳幼児突然死症候群」といって、

何の前触れもないのに

赤ちゃんが急に亡くなってしまう病気を

引き起こす可能性が高くなります。

 

また、

受動喫煙は吸っている本人の

何倍もの煙を吸い込むことになり、

赤ちゃんの発育に影響を及ぼします。

 

赤ちゃんのいるご家庭は

禁煙をおすすめしますが、

禁煙中にも、生姜白湯は良さそうですね!

 

作り方は、生のしょうがを

皮ごと薄くスライスして

ポットに入れてお湯を注ぐだけです。

 

《白湯+はちみつ》

はちみつは、ビタミン、ミネラル、酵素など

栄養の宝庫です♪

 

はちみつの主成分であるブドウ糖は

脳を目覚めさせ、

即エネルギーの補給ができます。

 

朝の白湯にプラスすると、

しゃきっと目覚められそうですね!

 

また、

殺菌効果などの美容成分が

たっぷり入っているんです。

はちみつパックなんかもありますよね。

 

作り方は、白湯にお好みの量の

はちみつをいれるだけです。

これだけで、ほんのりあまくて

温まるはちみつ白湯のできあがりです。

 

ただ、

授乳中のママには

はちみつと聞くと、よくないイメージが

あるかもしれませんね。

「1才以下の赤ちゃんにハチミツを与えてはダメ!」

という話を聞いたことはありますか?

 

はちみつにはボツリヌス菌という

菌が入っています。

ごくごく少ない量なので、

大人の体に害が出ることは稀なのですが、

1才未満の赤ちゃんの未熟な消化管では、

菌が増えてしまうため

食中毒を起こしてしまうので、

昭和62年に当時の厚生省から

「1歳未満の乳児にハチミツを与えないように」

という注意勧告が出されました。

 

そのため、ボツリヌス菌が

母乳を通して赤ちゃんに届いてしまうのではないかと、

心配するママが案外多いのです!

 

でも、

授乳中にママがはちみつを摂取しても

赤ちゃんに悪影響はありません!!

 

大人は自分の消化器官で

ボツリヌス菌の芽胞を消化処理できる上、

芽胞は、分子が大きいので

母乳に混ざることはまずないんです。

逆に、母乳の出をよくしたり

体力をつけるために、

はちみつは授乳中こそ

摂取してほしいものなんですよ(*^^*)

 

以上が、白湯にプラスすると

おすすめのものです。

ひとつだけ混ぜるのではなく、

レモン生姜白湯にしたり、

はちみつレモン白湯や、

生姜はちみつ白湯にしたり

なんなら全部混ぜても美味しそうですよね(笑)

白湯だけでは飽きてしまいますが、

味をプラスすれば、

飽きることなく続けられそうですよね。

 

私もお気に入りのはちみつを入れて

はちみつ白湯を早速飲んで見ましたが

この寒い時期に体がぽかぽか温まって

ほんのりした甘さが嬉しくて

ついついおかわりしてしまいました(^^;

私が入れたはちみつがこちらです。

↓ ↓ ↓

 

はちみつの中でも有名な

「マヌカハニー」です。

名が知れてるだけあって、

一度食べたら、他のはちみつには

戻れません(>_<)

魅惑のはちみつです(笑)

無農薬で作られているところも

ポイントが高いです!

安心、安全なマヌカハニー

おすすめですよ!

大人の白湯の楽しみかたが

広がりますね!!

 

お子さんがちょっと大きくなったら、

レモン白湯やはちみつ白湯は

一緒に飲めそうですよね。

 

ベースが白湯なので、

ジュースのようにたくさんの糖分が入っていないし、

ごくごく飲んでも安心です。

経済的にも安心ですよ!

あなたも白湯できれいなママを目指しましょう!

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします。
 
 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ
 


スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ