妊娠検査薬が使える時期っていつからなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは♪

前回は、「おすすめの妊娠検査薬」について書きました。

 

いかがでしたか?

 

前回も書いた通り、妊娠検査薬は

「生理予定日の1週間後から」

使うのが正しい使い方です。

 

でも、妊娠を心待ちにしている人たちにとって

生理予定日から1週間なんて

長くて長くて待てなーい(>_<)

というのが本音なんです。

 

そこで、おすすめなのが

「フライング検査」です。

 

基礎体温を計るとよくわかりますが、

排卵日は、体温がガクッと下がり

次の日にグーンと上がりますよね。

これが高温期の始まりです。

 

排卵日に授精をすると、

そこから7日から10日ほどかけて

受精卵が子宮内に着床します。

すると、妊娠が成立し妊娠ホルモンが分泌され始めます。

妊娠検査薬はこのホルモンをキャッチして

陽性反応が現れるわけです。

 

妊娠ホルモンは、日を追う毎に増えていきます。

市販されている妊娠検査薬は

妊娠ホルモンがある一定の基準を越えると

反応するように作られているのですが、

その基準というのが、

ちょうど生理予定日の1週間後にあたるころの

ホルモン量なんですね。

 

だから、生理予定日の1週間後から

使いましょうとなっているのです。

 

ちょっと長くなりそうなので、

次回に続きます!

 

今回も最期までお読み頂きありがとうございます。

次回もよろしくお願いします。
 
 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ