妊娠中の喫煙よりも禁煙ストレスのほうが良くないって本当なの?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 


スポンサードリンク





 
こんにちは♪

今回は、妊婦さんの喫煙に関わることについて書いていきたいと思います。

 

妊活のために計画的にタバコを吸わないようにして妊娠した妊婦さんや

妊活中の方は妊娠生活で喫煙したいって気持ちはコントロールしやすいし、

お腹の中の赤ちゃんのことを思えばきっと我慢できると思います。

 

でも、喫煙していてある日妊娠が分かった場合って禁煙するのって

なかなか思ったようにいかないものですよね。

タバコは依存性が高いし、タバコを吸うことでリラックス効果もあるので

特に一日に何箱も吸うヘビースモーカーの方だと

なおさら大変なことだと思います。

妊娠を機にタバコをピタッとやめられたら、きっとヘビースモーカーじゃないし

妊娠する前にやめられてると思いますし。

 

私はタバコを吸わないですが、自分がやめられないものを

すぐにやめるって本当に大変なことだと思います。

 

それでも私の意見としては、

「お腹の中に我が子がいるんだから無理してでも禁煙するべきでしょ。」

と思ってしまいます。

 

それが先日先輩ママと話していて

少し考えさせられました。
 


スポンサードリンク





 

禁煙できないストレスの影響

先日、同じく子育て中の先輩ママと会っていたんですが、

「妊娠中の禁煙」の話題になったんです。

その先輩ママは小学生になる2人の子供がいるんですが、

妊娠中はタバコをやめられなかったそうです。

 

最初の子供を妊娠した時はタバコをやめようとしたみたいですが、

思うように喫煙することを止められなかったそうです。

 

「お腹の赤ちゃんにとって喫煙は良くないってわかってるのに

タバコを吸うことをやめられない私って母親失格だし、お腹の子どものお母さんになって良いのかな。。。。」

そんな思いが日に日に強くなってしまったんです。

 

自分に対して自己嫌悪になるし、

煙のストレス、禁煙できないことへのストレスが少しずつ溜まっていって

体調を崩してしまったそうです。

 

かかりつけのお医者さんに相談すると、

「禁煙で酷いストレスを感じてしまうのなら、

煙草の本数をできるだけ少なくして吸うのもありだと思います。

ただし早産などのリスクは考えておいてください。」

 

それ以来、禁煙することはやめて

1~2本/日にタバコの本数を抑えて喫煙することにしたんだそうです。

 

そんな先輩ママの二人のお子さんは、

二人とも早産にもならず、障害もなく健康そのものだと言っていました。

 

まずは出来ることから取り組む

今回、先輩ママと話をしていて、まずは何でも完璧にやろうとせずに

自分のできる範囲から自分のペースでやることって重要だなと感じました。

 

妊娠してからネットや雑誌で色々と調べると、

これはダメです。これはイイです。と本当にたくさんの情報が出てきます。

そういった情報に振り回されてしまって、

「できない私って妊婦さん失格なのかな。」

「他の人よりも劣っている私が子育てできるのかな。」

 

なんて余計なストレスを溜め込んでしまうなら、

自分のペースで出来ることからやっていったほうが

きっと気持ち的にも楽だし、成長している自分を感じて

ポジティブになれると思います。

きっとそのほうが赤ちゃんにかかるストレスも少ないと思いますよ♪

 

なんでもかんでも完璧にこなそうとすると

ストレスも溜まるし疲れやすくなってるのに尚更疲れてしまうので

たまには怠けちゃう自分も受け入れて

妊娠生活を送りましょう!

 

もちろん妊娠中の喫煙は赤ちゃんに悪影響を与えるので

禁煙できることに越したことはありません。

どういったリスクがあるのかしっかりと確認して考えましょう。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

次回もよろしくお願いします。

 

 
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ
 


スポンサードリンク





 

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

オススメのブログ♪

こちらをクリック
↓ ↓ ↓

子育ての合間にお金を稼ぐヒントが見つかりますよ♪

このページの先頭へ