たばこの喫煙が妊活に与える影響を調べて恐怖を感じた件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク


 
 
こんにちは♪

妊娠中にたばこを吸っていた先輩ママと話してから

妊娠とたばこの喫煙の影響や喫煙が妊活に

どのような影響があるのか気になって色々調べてみました。

 

私もそうだったんですが、

妊娠検査薬で妊娠が分かった時はとっても嬉しくて

産婦人科に言って妊娠が確定したときは、

「私もお母さんになるんだぁ♪」

ととっても幸せな気持ちになりました。

 

ただ、そこからだんだんと心配になるんですよね。

「赤ちゃんは元気に育ってるのかな』

「遺伝子に異常はないよね」

「飲んでる便秘薬って赤ちゃんに影響あるのかな」

「妊娠が分かるまでお酒飲んでたけど、影響してたらどうしよう」

 

こんなに心配になるんだったら

「妊娠する前から赤ちゃんのことを考えて準備しておくべきだった」

なんて思って、後悔したり落ち込んだりしてました(涙)

 

特にフルタイムで働いていると、

長時間の残業や仕事終わった後の付き合い、

強制参加の会社の飲み会とか

ストレスがとっても溜まると思います。

 

そんなストレスを抱えていると

生活が不規則になったり食生活も乱れやすくなります。

 

その乱れが妊娠することやお腹の赤ちゃんには

とっても影響を与えちゃうんですよね。

 

頭では良くないことは何となく分かっていてても

具体的な影響を知識として持っていないと

ついつい不摂生をしてしまいます。

不摂生な生活習慣の中で特に気にする方が多いのが

妊娠中のたばこの喫煙」です。

 

そこで、今回は、

たばこの喫煙が妊活にどのような影響を与えるのか

具体的に調べてみたら、

喫煙が妊活に与える影響が

とても恐ろしいことだったので、

そのことについて書いていきたいと思います。

 

今回の内容が、妊娠中の方や妊活中の方に

少しでもお役に立てればとても嬉しく思います。

それでは早速見ていきたいと思います。


スポンサードリンク

 

たばこの喫煙は妊娠に影響を与えない?

前回の記事で書きましたが

妊娠中の喫煙よりも禁煙ストレスのほうが良くないって本当なの?!

 

先輩ママは禁煙ストレスのほうがひどくて

本数を減らして吸っていました。

 

先輩ママの場合は、

禁煙によるストレスを一日中感じるよりも

たばこの本数をできる限り減らして喫煙によって

ストレス解消をした方が良かったみたいです。

 

最近は、喫煙スペースも限られてきているので

たばこを吸う人も減ってきているのかなぁと思って

色々調べてみると、

厚生労働省の国民栄養の現状」(国民栄養調査結果)には、

女性の喫煙率は平均9%となっていて、

妊娠をする年齢の20歳から40歳の女性に限ると、

約12%の女性が喫煙をしているようです。

 

特に20歳代では、

12.3%の女性が喫煙をしているようですね。

8人に1人は喫煙をしてるって

意外と多いなって気がします。

 

けっこう高い割合で

たばこを吸っている人が多いので、

実は妊娠にあまり影響がないんじゃないの?

なんて思いました。

 

でもやっぱり調べていると、

目に見える影響は、

しっかりとあることが分かりました。

 

1.

たばこを吸っている女性は、

たばこを吸っていない人と比べて

妊娠するまでに12ヶ月以上かかる比率が

20〜30%高くなる

 

2.

喫煙していると、喫煙していない女性に比べて

流産率に明らかな違いが見られる

 

3.

体外受精を行っても喫煙している女性は、

喫煙していない女性に比べて妊娠率が20%程度減少する

 

 

実際に調べてみると、

こんなにも妊娠に影響があるなんて改めて驚きました!

 

もちろん喫煙の影響は、

女性だけじゃなく男性にも影響があります。

 

男性の場合は、

たばこを吸うことで

精子濃度の低下

正常な状態の精子の低下

精子のDNA損傷率の増加

ということが報告されています。

 

妊娠は精子と卵子が受精することで始まるので

夫婦揃ってたばこは吸わないことが一番です。

夫婦で喫煙しているなら、

妊娠のために二人で一緒に禁煙に取り組むのが良いですね。

 

たばこの喫煙が妊活に与える影響|たばこが卵巣機能を奪ってしまう?!

 

喫煙が明らかに妊娠に悪影響を与えることが分かりましたね。

 

「たばこの成分が一時的に影響を与えてしまっているのかな」

なんて思いましたがどうやら違うみたいです。

 

たばこに含まれている「ニコチン」には

血管を収縮させてしまう性質がありますが、

この血管収縮による全身の血行不良が

卵巣の機能を著しくて低下させてしまいます

 

さらに、たばこに含まれているニコチンや有害物質が

「卵胞ホルモン」や「黄体ホルモン」の産生を抑制してしまいます

この二つのホルモンは排卵に関係する女性ホルモンです。

 

黄体ホルモンは、

子宮内膜を着床しやすい状態にする働きがあるので、

黄体ホルモンが抑制されてしまっては

着床して妊娠が成立ことも難しくなります。

 

 

そして、たばこの煙に含まれる

「過酸化水素水」は体のあらゆる器官の老化を早めます。

これは卵巣や子宮も例外じゃありません

 

たばこは、卵巣の機能を低下させるためのモノ

と言っても過言じゃないですね。

 

たばこの喫煙が妊活に与える影響|卵巣が老化するとは?

 

今回、色々と調べてみて分かったことは、

たばこが一時的に妊娠に

影響を与えるんじゃないってことです。

 

たばこを吸うことで、

子宮や卵巣の老化が早まります。

老化のスピードは遅らせることはできるけど、

止めることはできません。

 

妊娠の力は年齢と共に

子宮や卵巣が老化するので低下していきますが、

その老化を早めてしまっているんです。

 

卵巣の老化を早めることによって

妊娠しづらいんじゃなくて

妊娠ができないなんてことになりかねません。

 

年齢とともに女性は閉経します。

閉経してしまえば卵子は作られません。

 

たばこによって卵胞閉鎖する過程が加速し、

30歳代という若年で閉経に陥ることも珍しくないです。

実際に喫煙者の方が閉経が早いことがわかってきています。

 

たばこの喫煙が妊活に与える影響は恐ろしい

 

喫煙することで、

・卵巣の老化が早まり卵巣機能が低下する

・老化した卵巣は元に戻すことはできない

・若いうちに閉経する可能性もある

 

このような影響があることを理解した上で

喫煙するかよく考えた方が良いと思います。

 

 

私は、たばこの喫煙が与える影響を冷静に考えて

喫煙は絶対にやめた方が良いと思います。

 

禁煙せずに喫煙を続けてしまって

不妊治療が必要となるかもしれません。

 

不妊治療をしたからといって

妊娠が確実にできるものじゃないです。

 

不妊治療には保険適用外のものも多く、

平均的にかかる治療費もかなり高額です。

 

体外受精で妊娠した方の平均治療費が

なんと134.2万円です!

 

また、妊娠できた場合、

喫煙していた妊婦さんは、

早産になりやすく、

他の子供に比べて体が小さかったり、

喘息を患っていたり

子供にも影響を与えてしまいます。

 

子供への影響は一時的なものではなく、

死ぬまで影響が出てしまうかもしれません。

 

あのとき、しっかり禁煙すれば良かった

とずーっと思い続けることだけは避けたいですよね。

 

禁煙ストレスを感じずに今すぐ喫煙をやめるコツ

 

禁煙ストレスを感じずに今すぐ喫煙をやめるコツは

Vaporと呼ばれる電子タバコを使用することです。

 

電子タバコだとアイコスが有名だと思います。

ただ、アイコスはたばこと同様の健康リスクがあります。

 

電子タバコは、乾燥たばこ葉やフレーバーのついた液体を

電熱器で熱して水蒸気にして吸引します。

普通のたばこのように燃やさないので、

タールや一酸化炭素などの有害物質がほとんど発生しません。

 

電子タバコでも乾燥たばこ葉を使用するタイプは

ニコチンが含まれています。

アイコスは乾燥たばこ葉を使用するタイプです。

 

一方の液体のタイプは、

ニコチンが含まれているものと

含まれていないものがあります。

 

日本国内では薬事法の関係で

ニコチンが含まれているものは扱われていません

 

ニコチン含有のものは、

海外から個人輸入しないと取り寄せできません。

 

Vaporはニコチンを含まない液体タイプの電子タバコなので、

たばこを喫煙するよりも体への影響は断然少ないです。

 

実際に使用した人たちの口コミを確認すると、

ニコチンが入っていないので普通のたばこに比べて

気分転換にはならないみたいです。

 

ただ、心理的依存で

口にくわえて煙を吸う行為」がないと

禁煙ストレスが溜まって

たばこを吸っちゃう人にはかなり効果があります。

 

国内にもvaporの公式サイトがあるので

安心して試すことが出来ますね!

年間10万円も節約!さらに健康に!国内最高峰Vape & E-Liquidブランド【JPvapor】


 

妊活をしているけど、

喫煙がやめられないという女性の方は

ストレスなく禁煙するために

「ニコチンを含まれていない電子タバコ」

を活用してみてください♪

 

食べるものに意識を向けてみる

タバコに対して解毒効果のある食材を意識する

食材の中には、

タバコの有毒物質に対して

解毒作用を発揮してくれる

食材があるんです!

 

妊活中だけど、

禁煙できない女性にとっては

かなり嬉しい存在ですね!

 

そんな食材をまとめてみたので

参考にしてみてください♪

↓ ↓ ↓ ↓

禁煙できない女性が胎児のために食べるおすすめ食材

 

喫煙してる女性は葉酸不足がかなり深刻な状態です

葉酸は妊活中でも妊娠中でも

積極的に取りたい栄養素の代表格です!

 

血液循環を良くしたり、

遺伝子の複製や細胞の産生、

細胞の再生に関係しているので、

 

着床しやすい子宮内膜にする働きや

妊娠初期の先天性異常が

発生するリスクを下げてくれるなど

とても重要な働きをしてくれるんです!

 

そんな葉酸ですが、

妊活中、妊娠中は普段の2倍の量

最低でも必要になってきます。

 

妊娠や妊活をしてなければ、

葉酸は1日に240μg摂ればいいんですが、

妊娠・妊活をしていると、

1日に400μgが必要になるんです。

 

妊娠・妊活中の多くの女性が

積極的に葉酸を取ろうと意識しています。

 

厚生労働省が推奨している

1日の葉酸の摂取量は、

食物から天然葉酸240μg/日に加えて

葉酸サプリから摂取できる

「モノグルタミン酸型葉酸」を

400μg/日となっているんです

 

なんと、1日に640μg必要なんです!

 

自然葉酸の場合は、体内に摂り入れても

実際に吸収されるのは50%以下なので、

吸収されない葉酸を考慮して

最適な摂取量を設定しているので

かなり多く感じますね。

 

本当は吸収されない葉酸を考えて

摂取することが必要なので

日頃から葉酸が不足していることが

よく分かります。

 

喫煙してる女性ほど葉酸サプリは必要不可欠なもの

葉酸には解毒作用がある

喫煙している女性の場合は、

特に葉酸不足がかなり深刻な状態です。

 

なぜなら、

葉酸には、

たばこの有毒物質に対して

解毒作用があります。

 

喫煙することで、

せっかく体内に取り入れた葉酸を

たばこの解毒に使ってしまうんです。

 

本来は、

遺伝子の複製や細胞の再生など

体を健全に保つために

使われるはずの葉酸が

無駄に使われてしまうんです。

 

葉酸を体内に摂り入れるのは大変なこと

葉酸は水溶性なので、

すぐに使われない葉酸は、

尿として体外に排出されてしまいます。

 

さらに葉酸は水溶性で熱に弱いので、

食材から取ることも簡単ではありません。

 

残念なことに、

食材に含まれる天然葉酸は、

葉酸サプリで摂取できる

「モノグルタミン酸型葉酸」に

変換する時に半分を失ってしまいます。

 

体内にとどまりにくく、

食材からも摂りにくく、

吸収しても半分は失ってしまう

とても厄介な特徴のある葉酸を

たばこを吸うことで

無駄に使ってしまってるんです。

 

必要な量を摂取するのが大変な葉酸を

タバコの解毒に使ってしまうのは

本当にもったいないことです。

 

深刻な葉酸不足を解消するコツ

常に葉酸不足が深刻な

タバコを喫煙する女性は、

特に葉酸摂取を意識する必要があります。

 

葉酸不足が深刻な場合は、

すぐに葉酸不足を解消できる方法を

選ぶべきです!

 

短期間に葉酸不足を解決するコツは、

葉酸サプリを利用することです。

 

 

吸収率が悪い天然葉酸を吸収するため、

食事からの葉酸摂取に力を入れるよりも、

 

摂取量が把握しやすく、

いつでも好きな時に手軽に摂れて

吸収率の良いモノグルタミン酸葉酸が

吸収できる葉酸サプリが最適です!

 

妊娠中の喫煙に葉酸サプリは効果あり

オランダで行われた実験で

葉酸サプリの効果が見て取れます。

 

その実験では、

妊娠中に喫煙を続けていた方を対象に、

胎児への影響を調査が実施されました。

 

喫煙を続けていながらも

葉酸サプリメントを飲んでいた方は、

サプリメントを飲まなかった方に比べて、

低体重児が生まれるリスクが

4分の1ほどだったのです。

 

タバコを喫煙していると、

低体重児が生まれやすくなるんですが、

そのリスクを抑えてくれるんです!

 

喫煙しているなら

これから生まれてくる

赤ちゃんのためにも

葉酸サプリを利用して

しっかりと葉酸を摂り入れるように

心がけましょう!

 

★送料無料★女性100人の声から生まれた葉酸サプリ!

 

これから生まれてくる赤ちゃんは、

お母さんが食べたものからしか

栄養を摂ることができません。

 

有害なものを摂り入れれば、

その影響も受けてしまいます。

生まれてくる赤ちゃんが

少しでも育ちやすい環境を整えて

あげたいですね。

 

今回はここまでです。

 

今回の内容が

少しでもお役に立てば嬉しく思います。

 

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。

次回もよろしくお願いします。
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ