妊活中の産み分けのコツ|女の子の産み分けのコツってとっても簡単?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク


 
今回も妊活中の産み分けのコツについて書いていきます!

 

前回は男の子の産み分けのコツについて書きました。

男の子の妊活中の産み分けのコツはこちらです。

↓ ↓ ↓

男の子の産み分けのコツはシンプル

 

産み分けの方法については

迷信めいたものも数多くありますが、

精子の特徴に注目して考えると

産み分けのコツはすごくシンプルになります。

 

今回は女の子の産み分けのコツを見ていきたいと思います!

 

妊活中の産み分けのコツ|女の子の場合

女の子の赤ちゃんを妊娠したい場合は、

卵子とX染色体を持った精子が受精することが必要になります。

 

ポイントはX染色体を持った精子(X精子)が

たくさん生存し、活発に動ける環境を整えることがポイントです。

 

産み分けのコツはX染色体を持つ精子の特徴を知ること

X染色体を持つ精子(X精子)の特徴を知ると

女の子の産み分けのコツが分かってきます。

 

X染色体を持つ精子には次のような特徴があります。

・酸性に強く、アルカリ性に弱い(Y染色体を持つ精子は酸性に弱い)

・寿命が長い(Y染色体を持つ精子は1日、X染色体を持つ精子は2~3日程度)

・動くスピードが遅い(Y染色体を持つ精子は動きが速い)

・数が少ない(Y染色体を持つ精子は約2倍)

 

X染色体を持つ精子の強みは、

Y染色体を持つ精子に比べて、

「酸性に強く、寿命が長い」

というところですね。

 

この特徴を生かして産み分けに取り組むのが

ポイントになります。

 

妊活中の産み分けのコツ|女の子の場合、その1:排卵日の2日前にセックスをする

 

精子はY染色体を持つ精子とX染色体を持つ精子では寿命が異なる性質があります。

 

Y染色体を持つ精子の場合、寿命は射精してから24時間程度。

X染色体を持つ精子の場合、寿命は射精してから48〜72時間程度です。

しかも、Y染色体を持つ精子の数はX染色体を持つ精子の約2倍の数なので、

排卵日当日だとX染色体を持つ精子にとっては不利になります。

 

Y染色体を持つ精子を出来るだけ減らすために

排卵日当日の2日ほど前にセックスをするのがポイントです。

 

妊活中の産み分けのコツ|女の子の場合、その2:女性が気持ち良さを感じないようにする

 

女性はオーガズムを感じると膣内にアルカリ性の粘液が出てきます。

アルカリ性の粘液によって膣内の酸性度が弱まると、

酸性に強いX染色体の精子の活動は弱まりやすく、

Y染色体を持つ精子は活発に動きやすくなります。

 

X染色体を持つ精子にとっては

女性が気持ち良さを感じない淡白なセックスがいいんですね。

 

女の子の赤ちゃんを産み分けしたいと思うなら極端な話ですが、

挿入してすぐに射精する感じがベストということですね。

 

なんだか夫婦関係に問題が起こりそうな気もします。汗
 


スポンサードリンク


 

女の子の産み分けのコツはシンプル

妊活中の産み分けのコツをお伝えしましたがいかがでしたか?

 

X染色体を持つ精子の特徴から考えると、

「排卵日の2日前に淡白なセックスを心がける」

ということになります。

 

産み分けの方法には食事療法など信ぴょう性が疑えるものはたくさんありますが、精子の特徴から考えると産み分けのコツはシンプルになると思います。

 

産み分けのマイナス面も理解しましょう

 

産み分けにこだわりすぎると,

妊娠確率を落としてしまうことに繋がってしまいます。

 

20代の女性でも妊娠の確率は30%ほどです。

 

これは年齢に重ねるごとに悪くなるし、良くなることはないです。

 

もちろん卵子だって年齢とともに劣化していきます。

 

産み分けにこだわると排卵日を基準にして最適な日をピンポイントで狙うことになるので、

妊娠するチャンスは1年間で最大で12回になりますね。

 

私はこのチャンスの数ってとても少なく感じます。

妊娠するのって様々なタイミングや条件が揃って

はじめてうまくいくことなので、チャンスは出来る限り多くしたいです。

 

産み分けにチャレンジしてなかなか妊娠出来ずストレスがたまり

夫婦や家族関係にマイナスな影響が出てしまったら元も子もありません。

 

性別関係なく自分の子供は一番可愛いですよ♪

やっぱり一番の願いは健康に生まれてきてくれるってことだと思います。

 

産み分けサポートを上手く使いましょう

 

産み分けに取り組もうとすると

性別によってタイミングを計るので、

どうしても妊娠の確率を低くしてしまいます。

 

生み分けを取り組む場合、

夫婦二人で協力する必要がありますが、

なかなか結果が出なければストレスを感じたり、

夫婦の関係が悪化してしまうこともあります。

 

そんなことになったらとても悲しいですね。

 

 

色々と大変な産み分けへの取り組みですが、

最近では「産み分けゼリー」などの産み分けサポートを利用する人も多くいます。

 

そんな生み分けサポートはとても理にかなっています。

 

産み分けサポートの「生み分けザリー」は、

膣内の酸性度合いをコントロールすることが出来るので

X染色体、Y染色体をもつ精子の特徴をうまく利用しています。

 

今回は、口コミの良い好評の「産み分けゼリー」集めてみましたので、

妊娠の確率も考えてストレスなく産み分けに取り組みたい方は

試してみるのをオススメします。
新しい形の潤滑ゼリー【ハローベビーゼリー】



ハローベビーゼリーは、50人のアンケートで78%が希望通りの結果だったという結果を出しています。
実際に使用した方からの感想では、「使い方が簡単で衛生的だった」という声が多数あります。

 

妊活中のご夫婦に選ばれる100%天然成分【ベイビーサポート】



ベイビーサポートは100%天然成分のゼリーはもちろん、
容器、袋、外箱まですべて日本製という特徴があります。

産み分けの成功をサポートするために「精子活動最適成分」を含有していて
1本の内容量が日本人に最も最適な量にしてあります。
実際に使用した方の感想は、「使い切りタイプで準備が簡単だった」という声があります。

 

産婦人科医と共同開発!話題のピンクゼリー



ピンクゼリーは、産婦人科医と共同開発の管理医療機器の認証を受けた唯一の産み分けゼリーです。
特に2人目や3人目に女の子を欲しがっている方に選ばれているみたいです。

赤ちゃんの産み分けには、食事の方法などの科学的根拠が定かじゃない方法はたくさんありますが、

根拠のはっきりしない方法をあれこれ試すよりも、

日頃から妊娠しやすい体作りを心がけて、

産み分けのポイントを実践するのが

無理のない産み分けの取り組み方だと思います。

 

最後に、性別は男の子でも女の子でも我が子には変わりありませんよ♪

産み分けに取り組んで希望の性別の赤ちゃんじゃなくても

しっかりと愛情を注いでいきましょう♪

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

次回もよろしくお願いします。
ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

オススメのブログ♪

こちらをクリック
↓ ↓ ↓

子育ての合間にお金を稼ぐヒントが見つかりますよ♪

このページの先頭へ