妊活中に高血圧を改善させないと命に関わるそのワケは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 


スポンサードリンク

 
今回は、「妊活中に高血圧を改善させないと命に関わる

という内容で書いていきたいと思います。

 

妊活中で高血圧が気になっている女性の方は必見です。

 

今回の内容を見れば、

妊活中に高血圧を予防する効果的な方法が分かりますよ♪

 

現在、妊活中の女性の多くは、日頃から健康に気遣ったり、

妊娠しやすい体作りに取り組んでいると思います。

 

そんな日頃から体作りに頑張っている妊活中の方で

「高血圧」だったり「少し血圧が高め」の人は、

妊娠する前に血圧の改善に取り組んだ方が絶対に良いですよ!

 

高血圧のまま妊娠してしまった場合、

予期せぬ出産で赤ちゃんが未熟児なのに産まなければならず

重い障害や後遺症が残ったり、

お母さんも子宮切除など大変なことになります。

最悪の場合、母子ともに命の危険すらあります。

 

でも安心してください。

血圧が上がる原因を把握すればしっかりと対策が出来ます。

また、妊娠中には出来ない改善方法にも取り組めるので

あまり不安にならず出来ること取り組んでいきましょう!

 

それでは早速始めていきたいと思います。

 

妊活中に高血圧を改善させないと命に関わる?|妊娠中の高血圧がなぜ危険なの?

妊娠中の高血圧は要注意!

妊娠中では血圧の数値に注意が必要になります。

血圧が少しでも高めになると、

産科では「減塩」指導が行われるほどです。

 

なんでここまで高血圧に注意が必要なのか?

 

それは、妊娠中の高血圧が「妊娠高血圧症候群」の症状を

発症してしまう可能性があるからです。

 

詳しい症状についてはこちらの「妊娠中の減塩の副作用」に

書いていますが、症状が酷くなれば胎児に重い障害や命の危険もあり、

お母さんにも出産時の大量出血による命の危険や、

出産後も後遺症として高血圧や腎臓病を患ってしまう可能性があります。

 

妊活中に高血圧を改善させないと命に関わる?|血圧を正常に戻す効果的な方法

妊娠する前に高血圧対策をするのがベスト

妊娠中の高血圧によってとても恐ろしいことに

つながってしまうことが分かったと思います。

 

このような恐ろしいことが起こらないように

妊娠中からしっかりと血圧を下げるように

対策と予防をする必要があります。

そして、継続的にできる方法が対策としては重要です。

 

血圧を正常に保つ効果的な方法

血圧を正常に戻す効果的な方法は、

血圧が上がってしまう仕組みから考えると

とてもシンプルな対策で十分に効果があります。

 

血圧が上がってしまう原因はこちらから確認できます。
↓ ↓ ↓ ↓

妊娠中の間違った減塩が胎児に悪影響を与えます。

 

その方法は、

・塩素を極力体内に摂り入れない
・食塩は「精製塩」ではなく「天日塩」を使う

この2つを継続することでしっかりと対策をすることが出来ます。

2つの対策が効果的な理由はこちらから確認できます。
↓ ↓ ↓ ↓

妊娠中の間違った減塩が胎児に悪影響を与えます。

 

妊活中に実践できるもう一つの方法

実は妊娠中に実践するには向いていない方法があるんです。

それが、キチン・キトサンを取り入れるという方法です。

こちらが「キチン・キトサン」です。
↓ ↓ ↓ ↓

 

 

キチン・キトサンは高血圧を引き起こす真犯人の「塩素」を

ピンポイントで排除することが出来るんです。

 

キチン・キトサンはプラスに帯電していて、

マイナスに帯電している塩素だけを選択して吸着して対外へ排出します。

 

キチン・キトサンと高濃度の食塩と一緒に摂取する実験を行い、

血圧の上昇が抑えられるという結果が出ています。

 

さらに、高血圧の患者さんに従来の治療と合わせてキチン・キトサンを摂取してもらうと、

軽度の患者さんから重症の患者さんまで効果が出る期間は違いますが、

血圧が安定して降圧剤が不要になるという報告もあります。

 

キチン・キトサンの摂取は、医薬品に比べて速効性では劣りますが、

体に負担をかけずに血圧を下げることができます。

 

キチン・キトサンには塩素の排泄を促す効果の他に全身の血行を良くしたり、

生体リズムを調節する働きがあります。

 


スポンサードリンク

 

キチン・キトサンが妊娠中に向かない理由

キチン・キトサンは塩素を吸着する働きのほか、

健康を害する化学物質やダイオキシン、重金属、放射性物質、

摂りすぎてしまった脂質なども吸着し排出する働きがあります。

 

妊娠中に高血圧になってしまった方にもすごく効果的に思いますが、

実はキチン・キトサンは、

腸管内でビタミンやミネラルも吸着して排出してしまうんです。

 

キチン・キトサンは妊娠中に必要な栄養素を奪ってしまう

妊娠中は普段よりも様々な栄養素やビタミン、ミネラルを

多く取り入れなければならないのに、

それらを奪ってしまっては栄養不足になってしまい、

胎児の成長に悪影響を与えてしまうことが考えられます。

 

キチン・キトサンはアレルギーの原因になる

キチン・キトサンは、カニやエビの殻を原料とします。

これらのアレルゲン物質を摂りすぎてしまうと

胎児がその食品のアレルギーを持って産まれてきてしまう可能性があります。

 

キチン・キトサンは腸を刺激してしまう

キチン・キトサンを摂取するとお通じが良くなりやすいです。

妊娠中に下痢にでもなった場合、

腸の刺激を受けて子宮が刺激されてしまい、

子宮収縮を招いてしまうことが考えられます。

症状が悪化すると流産や早産につながってしまう可能性があります。

 

このようなことから妊娠中のキチン・キトサンの摂取は控えた方が良いです。

 

キチン・キトサンは妊娠中の摂取には向いていませんが、

それは裏を返せば、キチン・キトサンの働きがとても効果的だと言えます。

 

妊活中で血圧の改善を考えている人は、

キチン・キトサンも取り入れて、

妊娠する前に血圧を正常に戻すようにしましょう!

 

 

もしすぐにでも血圧を下げたい!って方はこちらも参考にしてみてください!

今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

次回もよろしくお願いします。

ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪
現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ


スポンサードリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

オススメのブログ♪

こちらをクリック
↓ ↓ ↓

子育ての合間にお金を稼ぐヒントが見つかりますよ♪

このページの先頭へ