妊娠中は葉酸だけサプリメントで補うっていうのは間違ってるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 


スポンサードリンク
 

今回は、

「妊娠中は葉酸だけサプリメントで補う

っていうのは間違ってるの?」

という内容でお伝えしていきます!

 

妊娠中ならではの葉酸の正しい摂り方がある

葉酸は妊娠中、

最重要な栄養素だし、

「必要摂取量が大幅に増える」

栄養素でもあります。

 

そんな葉酸には、

妊娠中の女性に対して

国が推奨する摂取方法があるんです。

<オススメの関連記事>

妊娠中に最適な葉酸を正しく摂る方法を知らないともったいない

 

厚生労働省が摂取するのを推奨する

妊娠中の葉酸の摂り方は、

食事からの天然葉酸に加えて

「モノグルタミン酸型」の葉酸を

1日に400μg摂取することです。

 

妊娠中は葉酸を400μg必要って言われますが、

一日の摂取量が400μgということじゃないんです。

 

「妊娠中は、モノグルタミン酸型葉酸を

1日に400μg摂取することが正しいんです。」

 

厚生労働省で推奨している

「モノグルタミン酸型」の葉酸は、

食べ物からは摂取できません。

 

食べ物から摂取できるのは、

「ポリグルタミン酸型」の葉酸です。

モノグルタミン酸型の葉酸は、

食物には存在しておらず、

合成することで作ることができる葉酸なんです。

 

このような理由から

厚生労働省が推奨する葉酸は、

栄養補助食品として摂取することになります。

images-2

いわゆる「サプリメント」ってことですね。

 

葉酸サプリメントならどれを選んでもいいの?

どんな葉酸サプリでもいいの?

「サプリメントで葉酸を摂取すること」

「国が推奨する」ことだということは

理解できるんですが、

 

「どんな葉酸サプリでもいいの?」

という疑問が残ってきます。

 

葉酸サプリはいろんな種類がある

多岐にわたる葉酸サプリ

葉酸サプリを調べてみると、

本当にいろんな葉酸サプリが

あることが分かります。

 

楽天の葉酸サプリランキングを見ると

葉酸サプリの多種多様さが分かります。

→ 楽天市場で葉酸ランキングを確認

 

葉酸だけが摂取できるサプリだったり、

他の栄養素も一緒に摂取できる

葉酸サプリだったり、

あとは、国内製品や海外製品など

多岐にわたっています。

 

国内外の製品では、

特に栄養素の含有量に差が出てきます。

栄養素の最適な摂取量の基準が

その国によって異なっているので、

含有量に差が出るんですね。

 

葉酸サプリも用途によって

少しずつ内容が変わってきます。

美容のため、健康のため、

妊活や妊娠中に適したものなど

用途によって最適な

葉酸サプリは変わってきます。

 

葉酸サプリの価格には大きな幅がある

先ほどの葉酸サプリランキングを確認すると、

価格帯もかなりの幅があることが分かります。

 

低価格の葉酸サプリなら、

1ヶ月分で500円以下のものからあります。

 

例えば、低価格の葉酸サプリだと、

「DHCの葉酸サプリ」があります。

コンビニでも販売されてるので

かなりお手軽に購入することができます。

 

「DHCの葉酸サプリ」は、

葉酸の含有量だけ明記されているので、

葉酸のみを摂取することを目的とした

タイプの葉酸サプリです。

 

価格もかなりお手頃です。

こんな値段で葉酸が摂れちゃうの?って

思ってしまうぐらいです。

また、コンビニやドラッグストアよりも

通販だとさらにお得な値段になってます。

 

ビタミンや鉄分、カルシウムなど

他の栄養素が含まれている

葉酸サプリを色々とみてみると、

1ヶ月分で3000円〜4000円が

相場になってます。

 

「天然素材」や「無添加」、「国産」など

使用原料や添加物にこだわっているものだと、

1ヶ月分で7000〜8000円する

葉酸サプリもありました。

葉酸サプリの価格帯は、

安いものなら、

1ヶ月分で500円しない価格のものから

高いもので8000円近くするものと、

かなり値段に幅があることがわかりますね。

 

葉酸のみ摂れる低価格のサプリメントでもいいの?

card_615813696

妊娠中には葉酸サプリが

必要なのは分かったけど、

結局は、今の生活に

「出費がプラスされる」ことになります。

 

妊娠中は何かと出費が増えてきます。

産婦人科への定期検診も

全額補助ではないし、

出産後の準備も考えると、

出費は出来るだけ抑えたいのが本音です。

 

Fotolia_115679520_Subscription_XXL

 

葉酸サプリも値段が高くなるほど、

良い商品なんだろうってことは分かるけど、

毎月7000円程度の出費が増えるのは

だれでも抵抗を感じることです。

毎月3000〜4000円だって

うーんって悩んでしまいます。

 

出費は少なくできるなら

可能な限り減らしたいです。

これは誰でも思うことです。

 

葉酸のみ摂取するサプリなら

1ヶ月分で500円程度からあるので、

出費のことを考えると、

これで良いかなとも思っちゃいます。

 

でも、

この選択で本当に良いんでしょうか?

 

健康を考えてサプリを飲むんじゃなくて

妊娠しやすくするためだったり、

元気で健康な赤ちゃんが

育ってくれることが目的です。

 

実はほとんど効果がなくて

気休めにしかならなかったり、

避けたい添加物が使われていて

飲むほうがリスクが高かったり、

こういうことでは困ります。

 

妊娠しやすい状態にしたり、

胎児の成長にプラスの働きを

してくれなければ、

お金を払ってまで葉酸サプリを

利用する意味がありません。

 

赤ちゃんの成長を考えた場合でも

価格を優先して葉酸サプリを選ぶことは

本当にいいんでしょうか?

 

低価格の葉酸サプリは絶対に避けた方がいい

お財布にとても優しい

低価格な葉酸サプリは、

妊娠中にも適しているんでしょうか?

妊活中や妊娠中の女性が

期待している効果を

発揮してくれるんでしょうか?

 

妊娠中はもちろんのこと

これから妊娠を計画していて

期待する効果を得るために

葉酸サプリを摂取するなら

低価格の葉酸は、

絶対に避けるべきです!

 

避けるべき理由1:原料コストを削るので原料の質や調達ルートが不安

製品の価格を低く抑えるということは、

原料や製造工程でコストを抑える努力が

必要になります。

コストを抑えるとなると、

原料の質にも影響を与えます。

品質が良く信頼性の高い原料にするほど

それだけ商品の価格も

上がることになります。

 

さらに、芸能人を起用して

TVでCMを流せば、

多大な広告宣伝費用がかかってきます。

 

そうなれば、

コストダウンがより一層必要になりますね。

低価格な商品になるほど、

原料への影響は大きくなりますね。

 

避けるべき理由2:有効成分がほとんど入っていない

例えば、

葉酸が400μg摂れるサプリメントの場合、

有効成分は400μgの葉酸になります。

 

粒状のサプリメントだと、

平均して1粒が300mg程度なので、

99%は粒状に固める成分など、

有効成分とは関係ない成分になります。

 

nechawariai

 

有効成分とは関係ない成分ばかりの

サプリメントを飲むのって

すごくもったいない感じがします。

 

しかも、有効成分ではない原料で

安全性が指摘されている成分が

使われていたら、

サプリメントを利用することで

健康リスクを高めてしまいます。

これでは本末転倒ですね。

 

避けるべき理由3:妊娠中に危険な成分が使われる可能性が高い

低価格な葉酸サプリほど

有効成分が少なくなります。

その代わり、

容量をカサ増しするのに

増えるのが添加物です。

 

どんなに値段が高く高品質な

葉酸サプリメントでも

最低限の添加物は必要になります。

 

mig

 

添加物を全く利用せずに

サプリメントを作ることは出来ません。

 

良質なサプリメントでも

錠剤に固めるためだったり、

口の中で溶けにくくするため、

コーティングするといった目的で

添加物が使われています。

 

しかし、安いサプリメントほど

添加物は盛りだくさんになるし、

妊娠中にリスクのある添加物が

使われたりしています。

 

リスクが高い添加物ほど

安価で使い勝手が良かったりするので、

低価格なサプリメントほど

リスクが懸念される

添加物が使われやすいです。

 

例えば、

増量剤や保存剤、甘味料、

着色料、香料などは

安全性の問題が指摘されています。

 

これらの添加物が使用されている

サプリメントは避けた方がいいです。

特に妊娠中は避けるべきです。

 

さらに次のような添加物も

妊娠中は避けた方がいいです。

 

ショ糖脂肪酸エステル

粘り気を出してサプリメントを

錠剤に固めるために使われる添加物です。

ショ糖脂肪酸エステルは、

妊娠中に摂取した場合、

確率的には低くはありますが、

胎児の染色体異常の原因異なる可能性があります。

 

結晶セルロース

賦形剤や増粘剤として

錠剤に固めるために使われる添加物です。

医薬品に使用される添加物でもあります。

そんな結晶セルロースですが、

JECFA(FAO/WHO合同食品添加物専門家会議)による

安全性評価では、「ヒトへの毒性を示す証拠はない」としていますが、

予防的措置として許容摂取量が定められています。

 

これは、「人体への影響について不明点があるから、

摂取量に注意する。」という意味が含まれています。

 

避けるべき理由4:妊娠中に不足する栄養素は葉酸だけじゃない

妊娠中に必要な栄養素として

「葉酸」に注目が集まりがちですが、

 

妊娠中に不足しやすい栄養素は、

他にもたくさんあるんです。

 

妊娠中に不足しやすい栄養素には

このようなものがあります。

 

妊娠中に不足しやすい栄養素

下の表にあるように

妊娠中に必要不可欠だけど、

普段の食事だけでは十分に摂取できず

不足する栄養素がいくつもあります。

 

栄養素 推奨摂取量 実際の摂取量
葉酸(μg) 640 243
ビタミンB6(mg) 1.4 0.95
ビタミンB12(μg) 2.8 4.3
ビタミンC(mg) 110 69
鉄(mg) 9.0 6.5
カルシウム(mg) 650 430

 

もちろん葉酸は不足する栄養ですが、

その他の栄養素やミネラルで、

「ビタミンB6」や「ビタミンC」、

「鉄」、「カルシウム」

が不足していることが分かります。

 

不足する栄養素の働き

不足する栄養素には

それぞれ重要な働きがあります。

ビタミンB6

shutterstock_375842107

ビタミンB6には、

皮膚や粘膜を健康に保つ

働きに欠かせないビタミンです。

ビタミンB6が不足してしまうと、

シミやシワができやすくなります。

 

妊娠中にシミができやすくなるのは、

ビタミンB6の不足が関係しています。

 

ビタミンB6をしっかり摂ることは、

つわりを和らげることに繋がります。

 

つわりがひどくなるのは、

何らかの原因で、

アミノ酸の一種「トリプトファン」の

代謝不良が起こることも関係しています。

 

つわりが起こる妊娠初期に

タンパク質の分解や合成に

関わっているビタミンB6を

しっかり摂っていると、

トリプトファンの代謝が改善されて

つわりの症状を和らげてくれます。

ビタミンC

3cfa4ad849734a6ea4b231295669c325

ビタミンCは、

ストレスの緩和や抗酸化作用、

メラニン色素の生成を抑制したり、

コラーゲンの生成をサポートしたりと、

様々な働きをしてくれます。

 

様々な働きをしてくれる

ビタミンCですが、

水溶性ビタミンなので、

尿と一緒に排泄されやすく、

体内に留めておきにくいので、

日頃から意識して摂取し続けたい

栄養素の一つです。

 

そんなビタミンCですが、

妊娠中にはとても重要な働きをしてくれます。

 

ビタミンCの働きの一つ、

「コラーゲンの生成を促進する」働きによって

丈夫な皮膚や骨、血管を形成して

胎児の健康的な身体作りをサポートします。

 

さらに、ビタミンCは、

「脳の発達」にも関わっています。

特に記憶をつかさどっている

「海馬」の発達に関わっています。

 

妊娠中の女性にとってもうれしい働きをしてくれます。

ビタミンCは、妊娠中に必要で不足しがちな

「鉄分」、「カルシウム」の吸収率を高めてくれます。

 

妊娠中は、薬を飲むことができないので、

病気の予防は不可欠です。

そんな妊娠中の免疫力を高めてくれます。

鉄分

iron-effect

妊娠中は鉄分が足りなくなりやすいです。

さらに貧血にもなりやすいです。

妊娠中は赤ちゃんへ栄養や酸素を届けるため、

赤ちゃんの成長とともに血液量を増やす必要があります。

血液を増やすと赤血球を作り出す鉄分が

いつも以上に必要になってきます。

こういったことから

妊娠中は鉄分が不足しやすい状態になります。

 

鉄分が不足すると、

・めまいや立ちくらみ

・手先や足先の冷え

・疲れやすくなる

・動悸や息切れが起こる

といった症状がでます。

 

さらに、

鉄分が不足することで

脂肪の代謝が落ちてしまい、

「太りやすく」なってしまいます。

 

お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼします。

鉄分が不足することで、

十分な酸素や栄養を届けることができず、

未熟児や低体重児になる可能性が高まります。

さらに

出産後に発育の遅れが見られることもあります。

 

お腹の赤ちゃんの影響に影響を与えてしまうので、

鉄分不足は早期に防ぐことが重要になります。

カルシウム

066-2_20170930

カルシウムも妊娠中は大量に必要になります。

お腹の赤ちゃんの骨や歯作る必要がありますからね。

 

もしカルシウムが不足してしまうと、

影響を受けるのはお母さんになります。

 

体内のカルシウムが不足した場合、

お母さんの骨や歯にあるカルシウムを使って

お腹の赤ちゃんに必要なカルシウムを補います。

 

お母さんは、

骨や歯がもろくなってしまいます。

年齢を重ねるほど骨粗しょう症になりやすいです。

 

さらにカルシウムが不足することで、

イライラしやすくなったり、

肩こりや腰痛にもなりやすくなります。

 

不足する栄養素もサプリメントで補うことが最適

先ほどの表に示した、

妊娠中に不足している栄養素は、

「食事をしているけど不足する栄養素」です。

 

これ以上の栄養素を補うためには

生活習慣や毎日の食事内容を変えなければ

不足分を補えないってことです。

 

不足分を食事から補おうとすると

吸収率や調理で失った栄養素の量を

考慮しないといけないので

とても効率が悪くなってしまいます。

 

せっかく葉酸をサプリで摂取するなら

妊娠中に不足しがちな栄養素を一緒に含んでいる

葉酸サプリを選ぶことが効率的ですね。

 


スポンサードリンク
 

避けるべき理由5:葉酸の吸収率が悪い

低価格な葉酸サプリは、

葉酸のみのサプリメントが多いです。

 

体内で作用する成分は、

複数の成分がそれぞれが結びつくことで作用します。

特にビタミンB群は互いに補い合って働きます。

 

水溶性ビタミンの葉酸は、

ビタミンB12やビタミンB6、

ビタミンCと一緒に摂った方が

体内での利用効率が高くなります。

 

先ほど説明した表にある

ビタミンB6やビタミンCは、

妊娠中に不足しがちな成分でもあるので、

葉酸サプリで一緒に摂取すれば、

葉酸の吸収率も良くなるし、

不足分も補えるので一石二鳥です。

 

避けるべき理由6:企業の信頼性に不安がある

サプリメントを選ぶ場合、

企業の信頼性も非常に大切になります。

「NPO日本サプリメント協会」によると、

サプリメントの信頼性を検証する際に、

企業の信頼性」も検査項目としています。

 

実際、サプリメントは誰でも作ることが出来ます。

工場を持っている企業にサプリメントの製造を委託することで

簡単に作れてしまいます。

 

こういったことから、

企業の信頼性がとても重要になってきます。

・企業の理念はどうなのか

・信頼性の高い企業なのか

・商品の開発動機はどういったものか

・販売実績はあるか

・サポート体制はしっかりしているか

 

こういった項目がしっかりしている

葉酸サプリを選びましょう。

 

妊娠中は不足する栄養素がしっかり補える葉酸サプリがおすすめ

妊娠中なら葉酸のみのサプリメントを避けるべき理由のまとめ

葉酸のみのサプリメントを避けるべき理由を

お伝えしてきました。

ここで一度まとめてみます。

 

葉酸のみのサプリメントを避ける理由

1.原料の質や調達ルートが不安

2.有効成分がほとんど入っていない

3.危険な成分が使われる可能性が高い

4.妊娠中に不足する栄養素は葉酸だけじゃない

5.葉酸の吸収率が悪い

6.企業の信頼性に不安がある

 

妊娠中にオススメの葉酸サプリはどういうもの?

妊娠中に葉酸サプリを摂取するなら、

妊娠中だと食事を摂っても不足してしまう

栄養素も補えるサプリメントを

選ぶようにしましょう。

 

さらに、

・原料の質がしっかりしている

・リスクのない添加物を使っている

・企業に信頼性がある

 

こういった点で安心できる

葉酸サプリを選ぶことがオススメです。

 

そうなると、

葉酸のみのサプリメントに比べて

値段は高くなってしまいます。

 

でも妊娠中に最適な葉酸サプリを

しっかりと探してみると、

栄養素が豊富で高品質でも

1ヶ月分7000〜8000円とかせずに

コスパがとても優れた商品があるんです。

 

 

私は今でも利用している

こちらの葉酸サプリはかなりオススメです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

楽天市場から購入できますが、

やっぱりお得に試すなら

公式サイトがオススメです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
★送料無料★女性100人の声から生まれた葉酸サプリ!

 

今回はここまでです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

次回もよろしくお願いします。

===============

===============

<オススメの関連記事>

元気で健康な赤ちゃんが生まれるためには

葉酸はとても大切ですが、

その他にも意識することがあります。

その中でも簡単に出来ることを

3つにまとめてみました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

元気な赤ちゃんが生まれるために簡単にできること

===============

===============

ブログランキング参加中です♪
もしよろしければ、応援クリックよろしくお願いします♪

現在の順位は( ??位 )
↓ ↓ ↓

育児 ブログランキングへ

 


スポンサードリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ